転出入の母子保健等に関する手続きについて

2014年1月9日

妊婦、乳幼児の健診や予防接種、成人検診などの健康に関する事業などは、市町村によって実施方法が異なりますので、転出・転入される方はご注意ください。

 

【市外へ転出された場合】

 

・母子手帳はそのままお使いいただけます。

・「妊婦一般健康診査受診票」「乳児一般健康診査受診票」「予防接種通知書」は使用できなくなります。転出先の自治体へご相談ください。

 

 

【北上市へ転入された場合】

 

・妊娠中の方には「妊婦一般健康診査受診票」、赤ちゃんがいらっしゃる方には「乳児一般健康診査受診票」を交付します。

・お子さんの予防接種については、母子健康手帳で接種履歴を確認し、未接種のものについて「予防接種通知書」を交付します。

・乳幼児健診の対象の方へは、健診日程のご案内もいたします。

・母子健康手帳を持参し、市役所0番窓口(健康増進課)または江釣子保健センターまでお越しください。

  また、成人検診のお申込みも受け付けますので、受診を希望される方もお立ち寄りください。

 

 

 

「乳幼児・児童転入記録」のダウンロードはこちら↓

乳児・幼児転入記録.pdf(93KB)  ※小学校6年生までのお子さんが対象です。

(あらかじめ母子健康手帳を見ながら予防接種日等書き写してご持参いただくと、手続きの時間が短縮されます。)

 

 

 



【問い合わせ先】 健康増進課
健康管理センター  電話0197-72-8295
江釣子保健センター 電話0197-72-8296

お問い合わせ

健康増進課
電話:0197-72-8295 / 8296 / 8297 / 8315 / 8298

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。