後期高齢者医療制度

2018年8月1日

●対象
 75歳以上の人と65歳以上75歳未満の障害認定を受けた人。

●医療費について

 費用の1割を負担(一定以上のの所得のある方は3割を負担)。

●医療が高額になったとき

 1か月の医療費が高額になったときは、自己負担限度額を超えた分が高額療養費として払い戻されます。

自己負担限度額(月額)

所得区分

外来(個人単位)

外来+入院(世帯単位)

現役並み所得者 III

 252,600円+(医療費-842,000円)×1% 

      <140,100円>※1

現役並み所得者 II

 167,400円+(医療費-558,000円)×1% 

      < 93,000円 >※1

現役並み所得者 I

   80,100円+(医療費-267,000円)×1% 

      < 44,400円 >※1

一般

18,000円 ※2

57,600円<44,400円>※1

低所得者 II   8,000円 24,600円
低所得者 I   8,000円 15,000円

※1:直近12か月以内に外来+入院の限度額を超えた支給が4回以上あった場合、4回目からは< >内の金額になります。

※2:自己負担額の年間(8月1日から翌年7月31日までの間)の合計額に対して144,000円の限度額が設けられています。

 

●保険料について

 保険料は個人ごとに決まり、被保険者一人ひとりに納めていただきます。保険料は2年ごとに見直しされ、県内で同一の保険料率となっています。

平成30年度・31年度の保険料率
被保険者均等割額 所得割率
38,000円 7.36%

保険料=被保険者均等割額+(前年の総所得金額等-33万円)×所得割率  

なお、所得の少ない方などは、保険料が軽減されます。

詳しくは、下記の関連ページリンク「岩手県後期高齢者医療広域連合のホームページ」をご覧ください。

クリックすると外部サイトにジャンプします。

お問い合わせ

国保年金課
電話:0197-72-8205

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。