医療費が高額になりそうなとき(限度額適用認定証の申請)

2018年8月1日

医療機関の窓口での支払いは、「限度額適用認定証」を提示することにより、自己負担限度額までとなります。

なお、あらかじめ国民健康保険の窓口に認定証の交付を申請することが必要となります。

住民税(市県民税)非課税世帯には「限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付します。

(標準負担額とは入院時の食事代のことです。)

国民健康保険税を滞納していると交付されない場合があります。

 

 《申請にが必要な人》

 ・70歳未満の人

 ・70歳以上75歳未満で低所得の人

 ・70歳以上75歳未満で現役並み所得の人(住民税課税所得690万円未満)

 

 

 《申請に必要なもの》
 ・対象者の国民健康保険証

 ・来庁者の身分証明証(運転免許証、保険証など)
 ・世帯主の認印
 ・申請月の直前二ヶ月に入院療養を受けた場合はその領収書(住民税非課税世帯の方のみ)

お問い合わせ

国保年金課
国保係
電話:0197-72-8204

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。