飼い犬による事故防止について

2018年3月1日

犬による咬傷事故が毎年発生しています。

 mudai.jpg mudaii.png

(データ出典:環境省)

 

l  全国の咬傷事故件数は横ばい傾向です。

l  咬傷犬は、飼い犬が全体の99%(飼い主不明を含む)を占めています。

 


 咬傷事故は、人命に関わる重大な事故につながることもあります!

 
 犬を飼う上での留意事項 

  • 飼い犬は、人の生命、身体又は財産に危害を及ぼさないように、係留(飼い犬を丈夫な鎖、綱若しくはひもでつなぎ、又はおり、さくその他の囲いに入れて  飼養をすること。)し、適正に飼養する。
  •  飼い犬による咬傷事故等が発生した場合は、直ちに適切な応急処置及び新たな事故の発生を防止する措置を講ずるとともに管轄保健所に届け出る。

 


 

飼い主一人ひとりがルールを守り、

周囲への配慮を行い、

咬傷事故をなくしましょう。

 

関連ワード

お問い合わせ

環境政策課
電話:0197-72-8281

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。