入院したときの食事代

2018年4月1日

 入院をしたときは、診療や薬にかかる費用とは別に、食事代の一部を自己負担します。

 残りの費用は、国保が負担します。

 なお、入院時に負担した食事代・居住費は、高額療養費の対象外です。

 


 

【入院したときの食事代】 

(1食あたりの標準負担額)

 

一般(下記以外の方) 1食460円

住民税非課税世帯

低所得II

過去1年間の入院が90日以内 1食210円
過去1年間の入院が90日以上 1食160円
低所得I 1食100円

※住民税(市県民税)非課税世帯、低所得I、IIの方は、医療機関の窓口で「標準負担額減額認定証」の提示が必要です。


 

 

【療養病床に入院する場合の食事代・居住費】

 

 65歳以上の方が療養病床(長期療養の設備が整った病院)に入院するときには、食事代・居住費の一部を自己負担します。

 

 

食事代

(1食につき)

居住費

(1日につき)

一般(下記以外の方) 460円 370円
住民税非課税世帯・低所得II 210円
低所得I 130円

 

 

お問い合わせ

国保年金課
国保係
電話:0197-72-8204

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。