【小児予防接種】「広域接種パスポート」をご存じですか?

2018年6月13日

 県内どの市町村でも小児定期予防接種を受けられます 

 

 小児定期予防接種は、住所のある市町村で受けることが原則になっていますが、次の対象者には県内他市町村でも接種を受けられる「広域接種パスポート」を交付しています。

 

◆対象者・・・次に当てはまるお子さん

・かかりつけ医または主治医が北上市を除く県内にいる

・母親の里帰り出産や施設への入所などで北上市を除く県内にいる

・その他やむを得ない事情により市内で予防接種を受けられない

 

◆広域接種パスポート交付から予防接種までの流れ

 ステップ1

 健康増進課に広域接種パスポートの発行を申し込む

 ※対象者と認められるとパスポートが交付されます。接種の1週間前までに申し込みをしてください。

 

 ステップ2

 医療機関に予防接種の予約をする

 

 ステップ3

 予約した日に「予診票」「母子手帳(健康保険証)」「広域接種パスポート」を持って接種を受ける。

 上記のうち一つでも忘れた場合は接種を受けることができません。

 

◆県内すべての医療機関で接種が可能となるわけではありません。対象となる医療機関は次のページを

 ご覧ください。

 岩手県広域的予防接種協力医療機関リスト

 

 ※対象医療機関以外での接種を希望される方は、健康増進課にお問い合わせください。

 

 

 

お問い合わせ

健康増進課
電話:0197-72-8295

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。