博物館からのお知らせ (2017年3月2日更新)

2017年3月2日

 

★ 「黒沢尻一の大ひな人形」展示中!(3/2更新)

 

和賀分館だけではなく、本館でもひな人形を展示しております。

 

   大ひな人形

 

こちらは、博物館開館の年である昭和48年、市内で旅館を営んでいた方から寄贈された古今雛です。

箱書きの年代は明治14年となっていますが、製作は江戸時代末期と考えられます!

 

内裏雛は、女雛が高さ43cm、男雛の高さは45cmあります。

三人官女はおりませんが、五人囃子は揃っており、それぞれ36cm~52cmの高さがあります。

 

現在確認されている市内の雛人形としては最大のものです。

写真ではその大きさがなかなか伝わらないかと思いますので、ぜひ実物を見に来てください!

 

旧暦に合わせ、4月2日(日)まで展示しております。

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

★ 和賀分館だより (2/8更新)

  ただいま和賀分館では期間限定でひな人形を飾っております。

 

     和賀分館

 

和賀分館では、歴史分野のみならず自然分野の展示が充実しています。

立花にある本館から移設した、動物や鳥類のはく製、昆虫標本などは和賀分館でも大人気。

自然界ではなかなか近くで観察することは難しいのですが、はく製なら近くでじっくり観察することができます。

 

”ひなっこみ”がてら、どうぞお気軽におこしください!

 

 

【和賀分館】

 開館時間:午前10時から午後4時(最終入館は午後3時30分)

 観覧料金: 無料

 2~3月の休館日:本館と同様、次の日は休館となります。

             2/6、2/13、2/20、2/27、3/6、3/13、3/21、3/22、3/27

 

 

 

★ 1/26 博物館・民俗村 消防訓練のおしらせ (1/25更新)

毎年1月26日は「文化財防火デー」です。

北上市立博物館、みちのく民俗村でも毎年この時期に合わせ、消火訓練を行い、職員の防火意識や文化財の保護についての意識向上を図っています。

 

今年も1月26日の午後に、みちのく民俗村内の旧菅野家住宅を火元と想定した消防訓練を行います。

訓練のため、館内、園内はベルやサイレンの音が鳴ります。

また、菅野家では消火栓からの放水訓練も行います。

 

ご見学の皆様にはたいへんご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願いします。

また、訓練は一時間程度で終わりますので、もし避難誘導訓練にご協力いただける方は職員の指示により避難をしていただくよう、お願いします。

 

(以下は海外からいらっしゃる観光客へ向けての案内です)

 

On January 26, Kitakami City Museum and Michinoku Folklore Village carry out a fire drill.

January 26, when the murals of Horyu-ji Temple were damaged by fire, became Bunkazai Boka Day (Cultural Property Fire Prevention Day), and not only temples and shrines but also museums were to participate in fire-fighting drills throughout Japan.

We sincerely ask for your understanding and cooperation on this matter.

★ 「博物館を6倍楽しむ方法」受付を終了しました (1/15更新)

1月4日の受付スタートから一週間もたたずに定員20名を越えてしまい、さらに10名拡大して定員30名までとして受け付けておりましたが、定員満了となりましたので新規でのお申し込みは締切といたします。

多数のご応募、ありがとうございました。

 

反響が大きく、ご好評をいただきましたので近々第二弾として実施するよう計画してまいります。

今回残念ながらお断りしてしまった方、日程が合わずに参加を断念された方はどうぞ次回にご期待ください。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

★博物館講座「博物館を6倍楽しむ方法」開講!(1/6更新)

 

          6倍楽しむポスター

 

新しくなった展示室の見どころを、学芸スタッフがディープに解説する全6回の講座です。

参加は無料で、この講座の参加者に限り博物館の観覧料も全額免除になります。

 

興味のある回だけの見学でも大歓迎です。

館長補佐、学芸員、専任研究員が解説しますので、展示のウラ話や最新の研究成果なども教えてくれるかもしれません。

「専門家に直接話を聞いて、質問してみたい!」というかたも、「せっかく北上に住んでいるからちょっと聴いてみようかな・・・」というかたも、みなさまお誘いあわせの上ぜひお越しください。

 

資料の準備の関係がありますので、参加ご希望の方は博物館までお電話でご連絡下さい。

 

   *   *   *   *   *   *   *

 

博物館を6倍楽しむ方法

<日程>

平成29年 1月15日(日)、22日(日)、28日(土)

       2月4日(土)、11日(土)、18日(土)

<時間>

すべて午後1時30分からの開講です。

   ※ 1時間程度の講座内容を予定しておりますが、情熱あふれる講師陣ですので多少延びてしまうかもしれません。ご了承ください。

<会場>

北上市立博物館  (受付時に講座参加の旨お伝えください)

 

 

 

 

★12月の休館日について(11/20更新)

リニューアルオープン以降、毎日みなさまにお越しいただいておりますが、12月から翌年3月までは毎週月曜日と祝日の翌日が休館になります。

 

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26

27

28 29 30 31

 

今月の場合、 12/23の翌日が土曜日のため、休館日は27日にスライドされます。

また、年末年始は12月28日から1月4日までお休みします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★マスコットキャラクターが決定しました!(9/23更新)

 

 

9月22日のリニューアルオープンに合わせ、博物館のマスコットキャラクターが決まりました。

ホームページ上での公募だったにもかかわらず、県外からも応募があり、みなさんの関心の高さがうかがえました。

 

 

ご応募いただいた作品の中から、北上出身で、似顔絵やオリジナルキャラクターの作成を中心に活動している若手イラストレーター・千葉明音(ちば あかね)さんの作品が選ばれ、博物館オープニングセレモニーでお披露目、表彰されました。

 

お披露目風景

 

 

 

キャラクターは本館展示のメインとなる国見山廃寺、銅龍頭をイメージしたそうです。

 

 

比較サイズ.jpg

 

 

 

 博物館マスコットキャラクター  向かって左側が「龍主(りゅうず)さま」、右側が「小龍主(こりゅうず)くん」です。

 

今後、さまざまな広報やホームページ、印刷物に登場する予定です。

みなさまどうぞよろしくお願いします!

 

 

 

お問い合わせ

博物館
電話:0197-64-1756

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。