ごみのポイ捨て実態調査結果について

2017年9月12日

ごみのポイ捨て実態調査結果について

 


平成29年8月2日(水)に行われた市互助会の清掃活動を活用し、市街地のごみのポイ捨て実態調査を実施しました。ごみの種類別集計結果は次のとおりとなります。 

 

 表 ごみのポイ捨て実態調査結果(種類別)

表.jpg

 

 回収重量.jpg

 

 

 

       図1 平成29年度ごみのポイ捨て種類別回収重量割合    

                                                                                                                                                                                                            

ポイ捨てごみの種類

・タバコ類(吸い殻等)

・紙類(タバコの箱、ちり紙、レシート等)

・廃プラ(プラスチック製容器包装類等)

・不燃物(ネジ、針金等)

・その他(上記以外の燃えるごみ。但し落ち葉など自然に還るごみは除く)

 地図.jpg

                                          図2 清掃活動ごみ拾いエリア

 

【集計結果】

・収集したごみ量は約10kg(落ち葉など自然に還るごみは除く)。びん類が2.8kgと最も多く、続いて紙類(2.0kg)、不燃物(1.5kg)であった。

・タバコ類のポイ捨て個数は平成28年度とほぼ同数であった。(平成28年度:745、平成29年度:766)

・廃プラは食品の包装が多く見られた。

 

今年で2回目のごみのポイ捨て実態調査ですが、今後も定点調査を行っていく予定です。

路上にごみが落ちていない美しい街きたかみをつくりましょう!!

 

お問い合わせ

環境政策課
電話:0197-72-8281 / 8282 / 8283 / 8284

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。