消費税免税店を開設しようとする事業者に対する補助制度を創設しました

2017年2月8日

 近年、外国人旅行客は当市においても増加傾向にありますが、外国人旅行客の買物利便性の向上とともに地域消費の拡大にも繋げることを目的として、免税店の開設を行おうとする事業者に対して次のとおり補助金を交付し、支援することといたしました。

 

1 補助金名称

 北上市消費税免税店開設支援事業費補助金

 ※免税店・・・消費税法(昭和63年法律第108号)第8条に規定する輸出物品販売場。

2 対象者

 免税店を開設しようとする市内に販売場を有する小売業者又は市長が認める事業者で、納期の到来している市税を滞納していない者

 ※既に上記許可または承認を受けている事業者を除く。

 3 補助対象となる経費

 (1) 消費税免税店の開設に要する物品の購入費

   1.免税手続対応機器の購入

   2.免税販売に必要な諸物品の購入

   3.商品梱包用資材の購入

   4.免税専用レジスターの購入        など

 (2) 消費税免税店の開設のための整備に要する経費

   1.免税販売に係る外国語看板の設置

   2.免税手続き用カウンターの整備等     など

 (3) その他市長が免税販売に必要と認める経費

   1.海外クレジットカード用決裁機器の購入

   2.指さしコミュニケーションシートの作成  など 

 4 補助金の額

 補助対象となる経費の2分の1に相当する額とし、1事業者につき15万円まで。

 ただし、その額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額とする。

5 申請方法

 以下の応募様式をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、市商業観光課(本庁舎3階)まで持参願います。

 ※平成28年度中に申請いただく場合、事業完了日は28年度内(平成29年3月31日より前)としてください。事業完了日前に、免税店の許可等を得ることが補助金の交付条件となります。

 

実施要綱 

 

消費税免税店開設支援事業実施要綱.doc(47KB)

消費税免税店開設支援事業実施要綱.pdf(146KB) 

 

申請書・請求書

 

消費税免税店開設支援事業費補助金申請書・請求書.doc(39KB)

消費税免税店開設支援事業費補助金申請書・請求書.pdf(82KB)

 

お問い合わせ

商業観光課
電話:0197-72-8241

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。