【4/8~5/7】桜花満開刀剣満開 會田コレクション刀剣展 ※10日から無料

2017年4月7日

博物館では、平成29年4月8日(土)から5月7日(日)まで、収蔵資料展「桜花満開刀剣満開 會田コレクション刀剣展」を開催します。

 

 

 博物館無料見学できます

4月10日から無料になりますが、8日・9日は観覧料を頂戴しますのでご了承ください。

 

 

會田(あいだ)コレクションとは、平成17年に古美術の蒐集家であった故・會田喜一(あいだ きいち)さんのご遺族より北上市に寄贈された資料で、刀剣をはじめ、古陶器や古書画など多岐にわたる分野のコレクションです。

今回はそのコレクションの中から、主に江戸期の名刀、岩手県ゆかりの刀剣を選りすぐって展示します。

 

展示の目玉となるのが、長曽祢虎徹(ながそねこてつ・江戸時代)です。

長曽祢虎徹は、元は越前の甲冑師でしたが、江戸に出て刀工になりました。

虎徹の作風は鍛えが良く、数珠刃と称する独特の互の目(ぐのめ)刃紋が特徴です。虎徹の刀は江戸時代たいへん人気があり、大名や幕府の要人など上級武士が所持していた場合が多く、現代では国の重要文化財に指定されているものもあります。

北上市立博物館では、虎徹の銘の入った脇差を展示します。

 

     刀剣展_01全体.JPG

 

その他にも千子村正の槍や奥州盛岡住新藤国義の刀など、7振の刀剣を展示します。

(会期の途中、7振以外にも展示が増える可能性もあります。)

 

さくらまつり期間中、4月10日(月)から5月7日(日)まではなんと無料で観覧できます!

 

この機会に今話題の刀剣の美しさをご堪能ください。

 

博物館は午前9時から午後5時までの開館で、最終入館は午後4時30分です。

 

※さくらまつり期間中、博物館・民俗村の駐車場はご利用できません。

 さくらまつり来場者用の駐車場をご利用くださいますようお願いします。

 

 

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 

※4月8日、9日は通常料金です。

  一般500円、高校生240円、小中学生170円

 

 

 

5月12日から6月4日までは、規模を縮小して和賀分館でも會田コレクション刀剣展を開催します。

和賀分館は通年無料でご観覧いただける施設です。

ご家族お誘いあわせの上、分館にも足を運んでいただけると幸いです。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

博物館
電話:0197-64-1756

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。