『黒沢尻歌舞伎 さくら道中』に参加しました

2017年5月8日

 毎年、さくらまつりの期間中に行われる「黒沢尻歌舞伎さくら道中」。艶やかな衣装を身にまとった一行が展勝地桜並木を練り歩きます。
 
今回都市プロモーション課職員が、振袖新造(ふりそでしんぞう)役で参加しました。
振袖新造に扮した都市プロ課職員

 準備や当日の様子はコチラ
 

 

◆◇◆ さくらホールからのお知らせ ◆◇◆

 歌舞伎の最大の特徴は“演者が全て男性である”こと。
美しいお姫様も、かわいらしい町娘も、全部演じているのは男性。それなのに女性の魅力たっぷりな女形(おんながた)の芸は女性からみてもうっとりします。
 
今年の花魁道中に初参加した女形の皆さんは、重いかつらや着物で四苦八苦。歌舞伎役者の鍛錬を痛感された様です
 一般財団法人北上市文化創造では、北上の文化財である黒沢尻歌舞伎保存会のさくら道中を通して、歌舞伎を身近に感じていただくために、毎年、市民の方の参加をコーディネートしています。身近な地域の歌舞伎への興味と共に、プロの俳優による歌舞伎を鑑賞する機会を提供しています。

 
詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

 http://www.sakurahall.jp/lineup.php#item2866

お問い合わせ

都市プロモーション課
都市ブランド戦略係
電話:0197-72-8308

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。