特定外来生物ヒアリについて

2017年9月12日

7月21日に、福岡市東区博多港のコンテナヤードのアスファルトのくぼみで特定外来生物ヒアリが確認されました。

港湾管理者が内部にヒアリが混入している可能性があるコンテナを特定し、8月17日に当該コンテナ内部を検査したところ、約300個体のヒアリが確認されました。

生きた状態のヒアリは全て薬剤で殺虫処理し、コンテナの内部及び荷物は燻煙消毒を行いました。

 

8月29日現在、岩手県内で「ヒアリ」の発見の報告はありませんが、見つけた場合は下記のとおりご連絡ください。

 

市内で「ヒアリ」を見つけたら

ヒアリと疑われる個体や巣を発見した際は、刺激(個体を踏みつける、巣を壊す等)せず、
環境省東北地方環境事務所 野生生物課(電話:022-722-2870)
または、
市環境政策課へご連絡下さい。
また、死んだアリでも針が出ていて刺さることがあるので、決して素手で触らないでください。
 

添付ファイル

ストップ・ザ・ヒアリ(ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考).pdf(7MB)

 

関連リンク

 

関連ワード

お問い合わせ

環境政策課
電話:0197-72-8281 / 8282 / 8283 / 8284

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。