家電リサイクル法対象品目(家電4品目)の処分方法について

2017年11月24日

1.適正な処分の方法

    「エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機」の家電4品目 は、家電リサイクル法により、リサイクルすることになっています。

   市では収集できませんので次のいずれかの方法で処分(有料)を行ってください。

    いずれの方法でもリサイクル料金はかかります。

     方法1  買った店に引き取ってもらう。

    方法2  家電を買い替える際に、買い替える店に引き取ってもらう。

     方法3  家電リサイクル券を郵便局で購入し、指定引取場所に自分で持ち込む。

              ※指定取引場所へ直接搬入できない場合は、一般廃棄物収集運搬業許可業者に依頼します。(運搬費用がかかります。)     

    指定引取場所

       株式会社マルサ(北上市成田26-83-12  ☎ 68-2288

    リサイクル料金の目安 メーカー、サイズ等で料金が変わります。

  品  目 リサイクル料金の目安
   テレビ 2,000円~4,000円
   冷蔵庫(冷凍庫) 4,000円~6,000円
   洗濯機(衣類乾燥機) 2,500円~3,500円
   エアコン 1,500円~2,500円

 

        家電4品目(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機など)の出し方(1MB) 

 

  ◆家電4品目の「正しい処分」早わかり! (経済産業省作成)

    http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/kaden_recycle/fukyu_special/index.html  

   ◆家電リサイクル券センター

    http://www.rkc.aeha.or.jp/

 

  

2.無許可業者による家電製品等の回収

   近年、無許可の不用品回収業者による家電製品等の回収が見受けられます。不用品回収業者が回収した家電製品等は、不適切な保管や処理が行われていることが報告されています。

  不法投棄不適正な処理によるフロンガスや鉛など有害物質の放出電池やプラスチックを含む家電製品の不適正な管理による発火・延焼などは、環境を汚染・破壊し、私たちの生活環境へ悪影響を及ぼすことになるため、無許可の回収業者を利用しないようにしましょう。

  

  ◆「無許可」回収業者を利用しないでください! (環境省作成)

   https://www.env.go.jp/recycle/kaden/tv-recycle/qa.html

関連ワード

お問い合わせ

環境政策課
ごみ減量係
電話:0197-72-8284
ファクシミリ:0197-72-3300

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。