北上市立地適正化計画を策定しました。

2018年3月30日

  北上市は、人口減少・少子高齢化の進行が予想される中、将来にわたり持続可能なまちとしてあり続けるため、立地適正化計画を策定し、医療・福祉・子育て関連や公共交通等の施策に取り組みます。公表日は、平成30年3月30日です。

 

立地適正化計画とは

 立地適正化計画は、将来のまちの姿を示す計画です。

現在の課題

 少子高齢化の進行、都市拠点の衰退、拠点間の移動手段の不足等

本計画の方向性

  居住や都市の生活を支える都市機能の誘導によるコンパクトなまちづくりと、各拠点内や拠点間をバス等の公共交通で結ぶことで、住民が自家用車を利用せずに、徒歩又は公共交通を利用して生活できる「コンパクト・プラス・ネットワーク」のまちづくりを進めます。そして、高齢者や子育て世代が安心して暮らせる都市の実現を図ります。

本計画で定めるもの

 都市居住区域、都市機能誘導区域、それぞれの区域における誘導施設等を定めます。また、区域外において該当する建物等を建築・開発行為を行う際は、都市再生特別措置法に基づき、着手する日の30日前までに市へ届出が必要となります。

 

都市居住区域

  都市機能を集約立地させ、人口密度を維持し、生活サービスやコミュニティの持続的確保を目指す区域です。

設定区域

 DID区域(人口集中地区)を基に、北上市都市計画マスタープランにおいて都市の核として位置付けられている街なか地区及びその周辺の住宅地区を含む区域とします。

主な誘導施策

 1.届出制度:区域外で3戸以上の住宅等の建築目的の開発行為、又は新築しようとする場合、市へ事前に届出が必要となります。

 2.空き家バンク事業・空き家対策事業

 

都市機能誘導区域

 高齢者支援、子育て支援、医療、買い物等の日常生活に必要な都市機能集約・立地を目指す区域です。

設定区域

 北上市都市計画マスタープランにおいて「都市拠点」として位置付けられている「中心市街地型(市役所所本庁舎、北上駅、ツインモールプラザ等が立地)」と「商業業務型(江釣子ショッピングセンター・パル等が立地、東北自動車道北上江釣子ICが隣接)」の地区とします。

主な誘導施策

 1.届出制度:区域外で誘導施設の建築を目的とした開発行為や建築行為を行おうとする場合、市へ事前に届出が必要となります。

 2.北上済生会病院の移転建替の支援:都市再生整備計画により、建替えを支援すると共に、周辺の都市基盤整備及び公共交通の利便性向上を図ります。

 3.子育て世代包括支援センターの整備

 

   

 届出制度の詳細は、添付の「届出制度の手引き」を参照下さい。

 届出制度の手引き.pdf(2MB)

 届出様式.docx(121KB)

 届出様式.pdf(201KB)

 

 立地適正化計画

  序 章  計画策定の趣旨

  第1章  都市の現状と課題

  第2章  「あじさい都市」きたかみ実現に向けた立地適正化の考え方

  第3章  都市機能誘導区域

  第4章  都市居住区域(都市再生特別措置法上の居住誘導区域)

  第5章  地域拠点(北上市独自設定)

  第6章  公共交通政策

  第7章  目標値

  第8章  施策の達成状況に関する評価

 

 立地適正化計画 全体.pdf(13MB)

 立地適正化計画 目次.pdf(266KB)

 立地適正化計画 序章.pdf(1MB)

 立地適正化計画 第1章.pdf(5MB)

 立地適正化計画 第2章.pdf(650KB)

 立地適正化計画 第3章.pdf(2MB)

 立地適正化計画 第4章.pdf(4MB)

 立地適正化計画 第5章.pdf(714KB)

 立地適正化計画 第6章.pdf(336KB)

 立地適正化計画 第7章.pdf(721KB)

 立地適正化計画 第8章.pdf(320KB)

 立地適正化計画 概要.pdf(522KB)

関連ワード

お問い合わせ

都市計画課
都市計画係
電話:0197-72-8276
ファクシミリ:0197-77-2992

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。