平成29年度「きたかみ景観資産」

2018年2月15日

 市では、地域の大切な景観資源とそれを守り、創り、育てる活動を「きたかみ景観資産」として認定しています。

 今年度は1件を認定し、きたかみ景観資産は全部で112件となりました。

平成29年度認定資産 

■No.112  「開拓魂の歴史を刻む、後藤野墓地公園」

(所在地)  和賀町後藤1地割地内

(認定団体) 後藤野自治会

(活動内容) 草刈り、清掃、植栽の手入れ、盆踊りの開催

112-1.JPG 112-2.JPG

 戦後の開拓地として発祥した場所で、貧富の差を無くす意味合いから同一規格の墓石が整然と並んでいます。

先人たちの偉業を偲びながら、誇りをもって環境保全に努めています。

きたかみ景観資産とは

■認定の対象

 地域の大切な景観資源とそれを守り、創り、育てる活動

 ・景観資源とは・・・建築物、工作物、樹木、川などの景観を特徴づけているもの

 ・活動とは・・・・・3人以上で構成される団体が行う、上記の景観資源を維持、改善、継承するための活動

■認定要件

 ・景観として価値があること

 ・地域の共感があること

 ・景観づくりにつながるアイディアがあること

 ・地域づくりにつながる可能性があること

■審査方法

 北上市景観審議会において審査が行われます。 

関連ワード

お問い合わせ

都市計画課
都市計画係
電話:0197-72-8276
ファクシミリ:0197-77-2992

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。