消費者行政に関する取り組みについて

2018年3月5日

 北上市では、市民の消費生活における被害の防止と安全を確保し、消費生活の安定及び向上を図ることを目的とし、消費生活センターを平成24年4月1日に開設いたしました。

 現在、3人の消費生活相談員が、皆様から寄せられる相談に対する助言や、苦情解決のためのあっせんを行っておりますが、近年、消費者被害は複雑かつ多様化しております。そのため、消費者被害の未然防止として、広報等での情報提供、注意喚起のほか、幅広い年齢層に対応した出前講座を実施し、各関係機関との連携を強化し積極的な啓発活動に取り組んでおります。また、地域ぐるみで高齢者を見守るため、民生委員や区長、福祉協力員を対象とした講座を今年度実施するとともに、消費者教育については、小学5年生・中学2年生に対する消費者教育啓発授業を企画し、教育機関等のご協力のもと継続的に実施しております。

 今後も当市においては、市民が安心して暮らせるまちづくりのため、引き続き信頼され利用される消費生活センターを維持するとともに、地域や関係者の皆様との連携を深めながら、悪質商法の排除や自立した消費者の育成など、消費者行政の充実に全力で取り組んで参ります。

 

 平成30年3月5日

北上市長 髙 橋 敏 彦                  

 

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。