【4/14~8/26】丹治敬子さんが描いた農村の一年 開催中!

2018年4月14日

テーマ展「丹治敬子さんが描いた農村の一年」

 

農村の一年展示風景.jpg

 

博物館本館では、故・丹治敬子さんの描いた農村風景と、そこに描かれている農具などを展示するテーマ展「丹治敬子さんが描いた農村の一年」を開催しています。

北上市黒岩に住んでいた丹治さんが色紙に描いた「お爺さんお婆さんの十二ヶ月」という一連の作品には、その名のとおり農村に住むおじいさん、おばあさんが登場します。

 

おじいさんは田んぼで草取りをしたり山でたきぎをひろってきたりしています。

おばあさんは裏の畑できゅうりをもいだり、孫の世話をしたりしています。

 

やわらかな水彩で描かれた、農村のくらしをのぞいてみませんか。

ふるさとに帰ってきたような気持にさせてくれる作品です。

 

農村チラシ.jpg

   ↑画像をクリックすると、チラシのPDFファイルがひらきます。

 

 

展示概要

会期   平成30年4月14日から8月26日まで

場所   北上市立博物館 (北上市立花14地割59番地)

観覧料  有料
      ※ 北上市、奥州市、金ケ崎町、西和賀町の小中学生は無料です。
      ※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障碍者保健福祉手帳をお持ちの方と、同伴者1名は無料です。
      その他、詳しくは開館時間と料金のご案内ページをご覧いただくか、電話でお問合せください。

開館時間 午前9時から午後5時まで

 

関連ワード

お問い合わせ

博物館
電話:0197-64-1756

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。