平成30年度発掘調査速報 Vol.1 卯ノ木遺跡-縄文時代と平安時代の村-

2018年8月9日

卯ノ木遺跡(うのきいせき) 下鬼柳17地割

期間:平成30年4月16日~5月7日 調査原因:住宅建設 調査面積:39.8平米

 

今回の調査では平安時代の竪穴住居跡1棟と 

縄文時代の貯蔵穴1基、獣を捕らえる落し穴1基がみつかりました。 

平安時代の堅穴住居跡は一辺が3.6mの正方形で、

北壁の西側に調理施設であるカマドが設けられていました。

見つかった土器から、9世紀後半頃のものと考えられます。

和賀川南岸の高台では、9世紀後半に村が急増したことがわかっています。

卯ノ木遺跡も、その頃に新しくできた村の一つと考えられます。 

縄文時代の貯蔵穴と落し穴は、詳細な時期は不明ですが

縄文時代にも人々が生活していた様子がうかがえます。

卯ノ木遺跡空撮

遺跡航空写真(南東から撮影、中央の円が調査地点、手前は南中学校校舎)  

調査区全景

 調査区全景写真(手前の人いる場所が平安時代の竪穴住居跡、奥が縄文時代の落し穴)

お問い合わせ

文化財課
電話:0197-65-0098

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。