電動シャッター動作時の事故に注意!

2018年11月2日

消費者庁から情報提供がありましたのでお知らせします。

消費者安全調査委員会によると、電動シャッター動作時の事故は、平成13年6月から平成29年9月末までに28件(14人死亡、15人けが)発生しています。

電動シャッターはモーターの強い力により動いているため、降下しているシャッターカーテンは大人の力でも止めることは困難です。

また、チェーンの破断などによりシャッターカーテンが急激に落下することもありますので次のことに注意しましょう。

 

●注意点

・電動シャッターの下には座らない、立ち止まらない

・動作中のシャッターの下はくぐらない

 

●電動シャッターのお持ちの方、操作する方への注意点

・電動シャッターを操作する前に、シャッターの下に人がいないことを確認する

・電動シャッターを操作したときは、シャッターが停止し安全を確認するまではその場を離れない

・必要に応じてメーカーに問い合わせ、日常点検と可能な限り安全装置の取付けを行う

 

詳しくは消費者庁のウェブサイトをご覧ください。

クリックすると消費者庁のウェブサイトにリンクします。

お問い合わせ

消費生活センター
電話:0197-72-8203

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。