小規模事業者持続化補助金「新型コロナウイルス感染症加点」の付与に必要な「売上減少の証明書」について

日本商工会議所において、令和元年度補正「小規模事業者持続化補助金(一般型)」の公募(第2回公募)が行われています。

 

新型コロナウイルス感染症に起因して、2020年2月から6月5日までの間の1か月間の売上で、前年同月比10%以上(注釈1)の減少が生じている事業者に対しては、採択審査時に新型コロナウイルス感染症加点が行われます。
加点を受けるためには、市が発行する「売上減少の証明書」(注釈2)が必要です。

(注釈1)創業から1年未満のため前年同月との売上高比較ができない場合は、新型コロナウイルスによる影響を受ける直前3箇月間(2019年11月~2020年1月)の売上高平均との比較により対応します。
 

(注釈2)以下の書類(コピー可)でも代用できます。

  • セーフティネット保証4号の認定書
  • 危機関連保証に関する売上減の認定書

「売上減少の証明書」申請に必要な書類

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明申請書 
  2. 売上高の減少がわかる資料(試算表、売上台帳など)

「売上減少の証明書」の申請先

産業雇用支援課 工業係 (北上市役所本庁舎 3階 2番窓口)

この記事に関するお問い合わせ先

産業雇用支援課 工業係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎3階
電話番号:0197-72-8242
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2020年04月07日