(注意喚起)消費者としての適切な行動を取りましょう

生活物資などに関する市民の皆さんへのメッセージ

・マスク及び消毒剤は、現在、医療機関・行政機関・各事業所・家庭においても不足しており、誰もが必要としている必需品です。品薄状態に便乗したマスク及び消毒剤のオークション出品は自粛しましょう。

・トイレットペーパーは計画的な生産・輸送により充足する見込みです。店頭在庫の不要な大量購入はやめ、普段必要な量を適切に購入しましょう。

・その他食料品や生活必需品に関して、不安などから不要に大量購入することはやめてください。

・周囲や立場の弱い方のことを考え、いったん立ち止まり、冷静で適切な行動をお願いします。

 

トイレットペーパーにかかるメッセージ(経済産業省)

1.トイレットペーパーは、ほぼ100%国内で生産されている。このうち、国内古紙から作られるものが60%、北米・南米から輸入するパルプで作られるものが40%となっており、原料の供給にも全く問題はない。

2.2月28日から日曜日を除いて、一日あたり2000万ロールの輸送だったものを、2倍の4000万ロールに増強している。これは、一日で330万世帯に12ロール入り1パック(4人家族3週間分)のトイレットペーパーをお届けできる量。

3.在庫も日本全体では3億5000万ロールあり、日本国民全体で3週間分のトイレットペーパーに相当する量がメーカーにある。

4.このような状態であるため、住民の皆さまには、通常どおり落ち着いてトイレットペーパーの購入をしてほしい。今日購入いただいた方は、明日、明後日、明明後日と少し購入を控えていただけば、自然といつも通りの品揃えになる。

令和2年3月3日 経済産業省

 

更新日:2020年03月06日