福祉医療費給付事業における寡婦(夫)控除のみなし適用について

 平成30年8月診療分から、福祉医療費給付事業(子ども医療費助成、妊産婦医療費助成、重度心身障害者医療費助成、ひとり親家庭医療費助成)における受給者証交付認定において、未婚のひとり親家庭を対象に、税法上の「寡婦(夫)控除」が適用されるものとみなして、交付の可否を判定します。  寡婦(夫)控除のみなし適用を受けるためには、申請が必要です。

1 寡婦(夫)控除のみなし適用の対象となる人

 事業区分が「子ども」の保護者、「妊産婦」又は「重度心身障害者」の本人及び保護者、「ひとり親家庭」の扶養義務者のうち、次に当てはまる人です。

 【寡婦(夫)控除】   

 前年(1~7月は前々年、以下同じ)12月31日及び申請時点において、次の(1)~(3)すべてを満たす人  

 (1) 婚姻したことがなく、現在も婚姻状態にない母又は父であり、扶養親族又は生計を同じくする子がいる人(父は生計を同じくする子がいる場合に限る)  

 (2) (1)の子は、総所得金額等38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない人   

 (3) 父の場合は、合計所得金額が500万円以下の人

 

 【特別寡婦控除】

 また、上記に該当する母が、次の要件をすべて満たすときは、特別寡婦控除の金額が適用されます。  

 (1) 扶養親族である子がいる人  

 (2) 合計所得金額が500万円以下である人

  ※注:税法上の寡婦(夫)控除を受けることができる方は対象外です。

 

(参考)医療費助成の所得判定基準上の寡婦(夫)控除として控除する額

医療費助成の所得判定基準上の寡婦(夫)控除として控除する額
区分 寡婦控除 寡夫控除 特別寡婦控除
控除額 27万円 27万円 35万円

 

2 寡婦(夫)控除のみなし適用による所得判定額

 寡婦(夫)控除のみなし適用により、受給者証交付申請の所得判定の際に、寡婦(夫)控除が適用された場合と同等の控除額を用いて判定を実施します。

 

※注:実際の税額は減額されません。

3 申請方法

(1)既に福祉医療費給付受給者証をお持ちの方

 手続きは不要です。

 

(2)現在福祉医療費給付受給者証をお持ちでない方

 寡婦(夫)控除のみなし適用を受けた場合、本人、保護者、扶養義務者それぞれの合計所得金額が所得制限額以下となる方  「福祉医療費給付受給者証交付申請書」及び「福祉医療費給付事業における寡婦(夫)控除のみなし適用申請書」に必要書類を添付して申請してください。

 

4 適用日

 申請日の属する月の翌月初日から適用。ただし、平成30年8月1日時点でみなし基準に合致している人で、平成31年3月31日までに当該控除の申請をした人については、平成30年8月に遡って適用します。

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

国保年金課 公費医療係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎1階
電話番号:0197-72-8205
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日