養育医療費給付について

 出生体重が2,000グラム以下、または医師が治療を必要と認めた未熟児が指定医療機関に入院治療する場合、1歳に達するまでの医療費の一部を公費で負担します。
 指定医療機関とは、国または県が指定する病院のことです。岩手県内には現在休止中のものも含め24医療機関が存在しています。なお、県外の指定医療機関における治療においても給付の対象になります。

対象

北上市民で指定養育医療機関に入院し、下記のいずれかに該当する1歳未満の人

  1. 出生児の体重が2,000グラム以下
  2. 生活力が特に薄弱であって、下記に掲げるいずれかの症状を示すもの

  ・一般状態

    運動不安やけいれんがあるもの

    運動が異常に少ないもの

  ・体温が摂氏34度以下のもの

  ・呼吸器・循環器系

    強度のチアノーゼが持続するもの

    チアノーゼ発作を繰り返すもの

    呼吸数が毎分50を超えて増加傾向、または毎分30以下のもの

    出血傾向が強いもの

  ・消化器系

    生後24時間以上排便がないもの

    生後48時間以上嘔吐が持続しているもの

    血性吐物、血性便があるもの

  ・黄疸

    生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸がある

申請

次の書類を健康増進課(本庁舎1階0番窓口)または江釣子保健センターへ提出してください。

  1. 養育医療費給付申請書
  2. 養育医療意見書
  3. 世帯調書
  4. 所得税額を証明する書類等(世帯全員分)
  5. 子どもの保険証(加入予定の保護者の保険証)の写し

養育医療費自己負担分の支払い方法は、入院月の2~3か月後に、北上市が指定する金融機関にて納入通知書での支払いとなります。

関連書類のダウンロード

クリックするとダウンロードされます。

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課 健康係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1健康管理センター
電話番号:0197-72-8295
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日