市制施行30周年を記念したテーマ展「平成の北上史」開催中!

「広報きたかみ」掲載記事からこの30年を振り返る

平成3年(1991)4月1日、旧北上市と江釣子村、和賀町が対等合併し、新しい北上市が誕生しました。

今年、市制施行30周年となるのを記念し、博物館本館ではテーマ展「平成の北上史(へいせいのきたかみし)」を開催しています。

毎年12月になると、その年のできごとをランキング形式で振り返る特集記事が組まれますが、今回はその30年分のコピーを壁面にずらりと展示しました。

昔を懐かしんでみるのはもちろん、若い方や平成になってから北上市へ転入してきた方などにもこれまでの北上市のあゆみについて知っていただける良い機会になるのではと期待しています。

今につながる歴史を感じていただけたら幸いです。

見学案内

会期  令和3年7月3日(土曜日)から12月26日(日曜日)まで

会場  北上市立博物館本館廊下ギャラリー

 

廊下ギャラリーのみの観覧であれば、無料で見学できます。

受付職員にお申し出ください。

その他、観覧券情報や開館情報については見学情報のページを、

休館日のご確認は休館情報のページをご覧ください。

会場の様子

テーマ展会場の様子

広報きたかみ掲載記事からこの30年間を振り返るパネル展です

この記事に関するお問い合わせ先

北上市立博物館

〒024-0043
岩手県北上市立花14-59
電話番号:0197-64-1756
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年07月19日