鳥インフルエンザが検出されています

 鳥インフルエンザは、国内での人への感染事例はまだ無いものの、常に変異が起こる可能性があるため、注意が必要な状態が続いています。そんな折、12月9日付で、環境省から、奈良県で採取された野鳥の糞便から、低病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N3亜型)が検出されたことが発表されました。また、12月13日には同ウイルスが島根県の野鳥の糞便からも検出されました。
 鳥インフルエンザの早期発見及び予防のため、鳥類に異常が見られた場合は市農業振興課まで通報をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

農業振興課 園芸畜産係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎3階
電話番号:0197-72-8238
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年12月19日