水田リノベーション事業(国庫補助)の要望調査を実施します

 要望調査の実施について、令和4年1月中に通知を送付しますので、事業活用を検討ください。  

 活用を希望する方は、取組計画書の提出が必要となりますので、農林水産省のホームページやパンフレット、記載例等を参考にしながら、準備をお願いします。 

 農林水産省のホームページ(新市場開拓に向けた水田リノベーション事業)

 新市場開拓に向けた水田リノベーション事業

【事業概要】

 水田農業を輸出や加工品原材料等の新たな需要拡大が期待される作物を生産する農業へと刷新(リノベーション)するため、産地と実需者の連携に基づき、実需者ニーズに応えるための低コスト生産等の取組、需要の創出・拡大のための製造機械・施設の導入を支援するもの。

【対象作物】

 令和4年産の基幹作が対象です。 

  • 新市場開拓用米
  • 加工用米
  • 高収益作物(野菜等)
  • 麦・大豆
  • 子実用とうもろこし

(1)低コスト生産等の取組支援(面積支払い)

 対象作物ごとに定める低コスト生産などの取組(農業者向けパンフレット参照)を3つ以上取組んだ場合、その取組面積に応じて下記の表のとおり支援。

 (注釈)対象作物ごとの取組は、農業者向けパンフレットを参照してください。

面積支払いの対象作物と10アールあたりの単価

支援内容

対象作物 助成単価
新市場開拓用米、麦・大豆、高収益作物(野菜等)、子実用とうもろこし 4万円/10アール
加工用米 3万円/10アール

 

 提出期限と提出先

提出期限(予定):令和4年2月4日(金曜日)

提出先(予定):北上市農業再生協議会(JAいわて花巻北上地域営農グループ)

(注釈)令和3年度の主食用米生産者等を対象に、後ほど詳細を記載した通知を送付します。

 交付要件と注意事項

  • 申し込みには、対象作物についてJAをはじめとする実需者との販売契約を締結している、または締結する計画を有していることが条件となります。
  • 本事業で支援を受けた水田の面積については、令和4年度の水田活用の直接支払交付金の対象面積から除かれます。
  • この事業は農業経営基盤強化準備金制度の対象ではありません。
  • 「水田麦・大豆産地生産性向上事業」と同一の取組は、申請することができません。

 関係資料のダウンロード

(2)需要の創出・拡大のための機械・施設の整備支援

 需要の創出・拡大のための機械・施設の設備支援

主に輸出等の需要に応じた加工品の生産体制の強化や国産原材料への切替えのために必要となる機械や施設の整備を支援する(補助率は、事業費の50パーセント)

 【対象機械・施設の例】

  • 輸出向けのカット野菜やパックご飯等の新たな製造ライン
  • 国産原材料に切り替えるための冷凍野菜や米価等の加工品の製造ライン
  • 輸出拡大のために必要な集荷・貯蔵施設

  新市場開拓用米の複数年契約に取り組む実需者の施設等整備支援

 輸出先国での高品質な新市場開拓用米の安定供給体制の確保、海外実需者への安定供給のために複数年契約を実施するものに対する販売リスクの低減のために必要となる機械・施設の整備を支援する(補助率は、事業費の50パーセント)

 【対象機械・施設の例】

  • 海外で使用する精米施設
  • 国内・海外における低温保管倉庫

 

 機械・施設の整備について、要望する方は、市に直接相談してください。

この記事に関するお問い合わせ先

農業振興課 水田営農係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎3階
電話番号:0197-72-8239
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2021年12月23日