サトウハチロー記念館

新型コロナウイルス感染症対策のため休館しています。

 

ロゴ画像
画像

   サトウハチローは、1903年、東京生まれ。童謡集「叱られ坊主」で文部大臣賞受賞。父が弘前、母は仙台の出身で「ボクの血の中には東北のものが流れているから、田舎の詩を書くのに何の苦労もしない」と言っていました。

 代表作として、「ちいさい秋みつけた」「うれしいひなまつり」「かわいいかくれんぼ」などの童謡が有名です。

 

サトウハチロー記念館 岩手県北上市への移転経緯

 サトウハチロー氏未亡人がなくなり、それまで東京・文京区にあった記念館の館長職を継承することになった佐藤四郎さん(ハチロー氏次男)は、資料の保存、散逸防止のための恒久的な倉庫を建設するため、弘前市 (祖父紅緑の出身地)、仙台市(祖母の出身地)、北上市(妻のゆかりの地)などいくつか候補地を検討しました。その結果、北上市への移転が実現しました。

 北上市を選んだ理由として四郎さんは、  (1) 東京や埼玉・大宮(館長の現住所)からの新幹線・東北高速道路などの交通アクセスに恵まれていること。

 (2) 空気、水などの自然環境に恵まれていること。

 (3) 犯罪発生率が極端に低く、貴重な資料の保存に支障がないこと。

 (4) かつて黒沢尻とよばれた北上市は、東北有数の米の集散地。北上川を利用した舟運で栄えた歴史があり、宿場町として人にやさしい気風の残る都市として定評があること。 以上4点を挙げられています。

 当初は資料の保管倉庫建設の予定でしたが、貴重な資料を埋もらせてしまうのはもったいないとの北上市の熱心な勧めを受け、みちのく三大桜名所である“展勝地(てんしょうち)”にサトウハチロー記念館を建設することを決意し、平成8年に「サトウハチロー記念館・叱られ坊主」を開館させました。

 四郎さんには北上を大変気に入っていただき、今では北上市にとって、なくてはならない人として幅広く活躍していただいております。

利用案内

開館時間…4月~10月:10時~16時

     11月と3月:10時~15時 

     入館は閉館時間の30分前まで

休館日…毎週月曜日(祝祭日の時は翌日休館)・金曜日 

    他に臨時休館有り

冬季休館:12月~2月

入館料…小・中学生150円

      おとな(高校生以上)450円

    団体(20人以上)おとな400円、小・中学生100円

交通案内

車……東北自動車道北上江釣子ICから15分

お問い合わせ先

サトウハチロー記念館(館長 佐藤 四郎 氏)

024-0043 岩手県北上市立花13-67-3

電話:0197-65-5401

ファクス:0197-65-5402

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習文化課 文化芸術係

〒024-0061
岩手県北上市大通り1-3-1おでんせプラザぐろーぶ3階
電話番号:0197-72-8304
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2021年11月05日