北上市緑の基本計画

『水と緑豊かな』まちを実現しよう
まちの“緑”は子どもたちの感性を磨き、豊かな心を育てるほか、市民の快適で潤いのある生活環境を形成するなど、将来に残すべき大切な財産です。この大切な緑を守り、育てて行くには、市民、企業、行政、NPO(注釈1)などがパートナーシップのもとで協力し、行動することが必要です。北上市緑の基本計画は、緑の豊かさが実感できる生活環境を 創るため、緑の将来像を展望し、実現に向けて実施すべき施策を示した、緑に関する総合的な計画です。


基本理念 ”ガーデン・シティ”を目指して
北上市には、市街地を取り囲むように丘陵地、河川、河岸段丘の樹林地、肥沃な田園地帯が位置し、これらの緑は本市の骨格を形成するとともに、私たちの生活 に様ざまな恩恵をもたらしてくれています。また市街地には、展勝地公園、北上総合運動公園、和賀川ふれあい広場などの拠点となる緑地を整備してきました。
今後は、誰もが歩いていける身近な公園の整備、住宅地・商業地・工業地などの緑化推進、水と緑の有機的な連携が課題となります。また、深刻化する地球環境問題に対する私たち一人ひとりの取り組みや、次世代につなぐ緑のまちづくり、自然と共生した緑のまちづくりなどを推進するためには、市民と行政の協働による緑化の推進と緑地の整備が不可欠となります。
このようなことを踏まえ、次のような取り組みが必要になります。

  • 既存の緑地を活用した自然と共生するまちづくり
  • 都市公園などのまちの緑の基盤づくり
  • 緑が増加したことを実感できるような身近な緑化の推進
  • 水と緑と文化の交流する緑化の推進
  • 市民の参加・協力による緑のまちづくり

これらを通じて、水と緑、自然環境、住居・生活環境、産業、歴史文化、レクリエーションなどの様ざまな機能が調和した理想都市『ガーデン・シティ』の形成を目指します。


基本方針と施策

  1. 自然と共生した発展
    北上市の都市構造を形成し、郷土を代表する緑地の保全・活用
  2. まちの緑の基盤づくり
    市街地の緑の基盤となる都市公園の整備と公共公益施設の緑化推進
  3. 身近にあふれる緑と花の創出
    地域の環境特性を踏まえ、多様な緑化を推進し、「地域共有の緑」や「目に映える緑」を創出
  4. 水と緑と文化の交流
    緑化街路や緑道、河川などにより、緑の拠点を有機的に結びつけ、水と緑と文化が交流するまちづくりの推進
  5. 市民の参加・協力による緑のまちづくり
    地域の緑に対する意識や愛着を深め、地域の独自性を生かした市民の参加と協力により緑のまちづくりを推進

(注釈1)NPO:非営利組織。政府や私企業とは独立した存在として、市民・民間の支援のもとで社会的な公益活動を行う組織・団体。

北上市の緑の将来像

緑化推進重点地区
これは緑の基本計画の創設に伴い、緑の整備を重点的に行う地区を設定したものです。その目的は、緑の基本計画に定めた目標を地区レベルで具体化することで、目標の早期達成や市全体の緑化意識の高揚、また当該地区自体がまちの緑化の骨格を形成するなどです。
重点地区の選定にあたっては「駅前などの、都市のシンボルとなる」「緑が少ない住宅地」などいくつかの条件をもとに考慮され、『黒沢尻西部区画整理事業区域とその南側の北上駅前線(北上駅西口広場から国道4号へ至る県道)までの区域を含む約257ヘクタール』を重点地区として選定しました。
同地区では「にぎわいとやすらぎのある緑のまち」を目指し、「緑の基盤づくり」「目に映える緑づくり」「水と緑と文化のネットワークづくり」「市民参加による緑のまちづくり」の4つのテーマを基に緑のまちづくりに取り組む計画にしています。

画像

この地区ではシンボルツリーの植栽や公園などを整備する計画があります。北上市緑の基本計画は市都市計画課(市江釣子庁舎3階)で閲覧できるほか、市立図書館や各地区の交流センターで見ることができます。

詳しくは同課へお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

都市計画課 都市計画係

〒024-8502
岩手県北上市上江釣子17-201-2江釣子庁舎2階
電話番号:0197-72-8276
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日