定例記者会見・平成24年4月

平成24年4月3日(火曜日)の定例記者会見

 

 とき:午前11時~11時50分

 ところ:市役所本庁舎2階庁議室

 

1 北上市防犯まちづくり基本計画について(説明:生活環境課)

2 学校給食用食材等の放射性物質測定について(説明:西部給食センター)

3 北上展勝地さくらまつりについて(説明:商業観光課)

4 平成24年度の復興支援の取り組みについて(説明:政策企画課)

 

市長から

 

 昨日から新しい年度ということで体制も新しくなり、年度をスタートさせていただいたところです。今年度もよろしくお願いいたします。

 北上市防犯まちづくり基本計画については、県内の自治体では北上市が初と聞いています。市民の皆さんが自分たちの地域は自分たちで守るという趣旨で、意識の向上を図ろうというねらいがあります。

 学校給食用食材等の放射性物質測定については時間がかかりましたが、ようやく体制が整いましたのでこれから始めようというものです。

  北上展勝地さくらまつりについては、4月15日から5月6日まで開催する予定です。今般はいわてデスティネーションキャンペーンに重なるということで、全国から多くのお客様が見えられるだろうという予測の基に渋滞対策やイベントなどをガイドするものです。ぜひ皆さんにお伝えいただければと思います。

 最後に平成24年度の復興支援の取り組みについてご紹介したいと思います。どうぞよろしくお願いします。

北上市防犯まちづくり基本計画について(説明:生活環境課)

 防犯まちづくり基本計画は、市民一人ひとりが安心して暮らすことができる地域社会の実現に向けて、市民の身近なところで発生する犯罪被害のさらなる減少に向けた課題に適切に対応していくため策定したものです。

 策定に当たっては市民、警察の人にもスタート段階から参画していただき、指標の検討から市内で多発する犯罪についてどう対応していくかということにさまざまなご意見をいただいて、防犯まちづくりについての市民の思いがつまった10年先を見据えた内容になっています。

内容は市民、地域、事業者、警察、市それぞれの立場での役割を明確にしているのが特徴です。犯罪のない安全で安心して暮らせるまちの実現を将来像に掲げて、 その達成に向けて市民の防犯意識を高めること、地域の防犯機能を高めること、環境の安全性を高めることの3つを基本目標にし、その達成に向けて15の基本施策を一丸となって推進していくものです。

 

学校給食用食材等の放射性物質測定について(説明:西部給食センター)

  教育委員会では、各県や学校給食会が実施する野菜などの放射性物質測定結果に基づき安全性が確認されたものを学校給食に使用しています。さらに今年度から 独自で学校給食などの安全性を確認し不安を解消することを目的として、新たに3台の測定機器を購入しました。これらを活用し、学校給食等で使用する地場産食材等と調理後の給食のサンプリング測定を実施します。

結果の公表は市のホームページ、毎月学校を通じて保護者に配布している献立表に測定結果を掲載します。また、国が定める基準値の2分の1以上の測定値が検出された場合には、県で再検査します。

 

北上展勝地さくらまつりについて(説明:商業観光課)

 北上展勝地さくらまつりは4月15日~5月5日の間、開催します。ただし5月6日は日曜日になっていますので、観光馬車、観光遊覧船などは6日まで開催。夜桜のライトアップは桜の開花期間中になります。

  また、今年はいわてデスティネーションキャンペーンが行われます。それに合わせて、さくらまつり期間中、今年初めての試みとして「みちのく民俗村」と「博物館」を無料開放します。お出迎えキャンペーンとして4月21日~30日、横断幕を用意し観光パンフレットや粗品を配布するなどお出迎えします。おもてなし芸能公演として、特別列車展勝地さくら号の発着時間に合わせて、北上駅東口で鬼剣舞の公演などを行います。渋滞対策としてシャトルバスの運行を強化します。例年、市街地地区からのシャトルバス運行に加えて、稲瀬地区からも増便します。また、渡し船を1隻増やしましたので、あわせて渋滞対策に対応したいと 思います。

 なお、市内のイベントを掲載したカレンダーを作成しましたので、市内の観光施設や地区の交流センターなどに配付していく予定です。

平成24年度の復興支援の取り組みについて(説明:政策企画課)

 平成24年度北上市震災復興支援事業は、緊急雇用や市の担当課などが義援金を活用して、被災者生活(再建)支援事業として10メニュー、沿岸地域復興支援事業として7メニュー、きたかみ震災復興ステーション事業を行います。

また、市内の避難者状況調査の結果概要ですが、平成23年度に北上市へ避難した方の生活状況やニーズなどを把握し、今後の支援活動の参考にするほか、北上市がこれまで行ってきた支援活動の検証を行うために実施したアンケート調査です。調査項目は、就労状況等、生活に関する困りごと、心の変化、社会参加の状況、北上市の支援活動に対する評価、北上市の今後の活動についてなどです。このアンケート調査を参考に、義援金活用事業や復興ステーション事業と併せ、市内避難者、沿岸被災自治体の支援に継続して取り組んでいきます。

 

質疑などその他

/北上市防犯まちづくり基本計画について、パブリックコメントなどで計画案と変わったところは?

→パブリックコメントで変わったところは、 基本目標2の2-2「犯罪者を生まないまちづくりの推進」、2-4-4「ウォーキング等を兼ねたパトロールの実施」が新たに加わりました。日々防犯活動を 行っている人以外でも気軽に取り組める防犯活動を展開していってはどうか、という提案をいただきました。街路灯の整備についても明記してはどうかという提案があったので、基本目標3の3-5-3「飲食街の街路灯整備」を加えました。 /桜の開花予想は?

→気象協会では4月23日ごろ開花、4月29日ごろが見ごろと予想しています。 /さくらまつりの入り込みの人数は、デスティネーションキャンペーンということでどれくらいと見込んでいるか?

→さくらまつりは昨年、震災の関係で14万人ほど、一昨年は50万人ほどでした。デスティネーションキャンペーン期間ということで岩手県では5%増の入り込みを見ていることから、市としても一昨年の5%増の2万5千人増を目標にしたいと考えています。 /今年も渋滞情報を流すのか?

→新たに展勝地までの主要道路に設置している電光掲示板に現在の混み具合を表示します。ラジオなどでも流していくことを考えています。 /市内の避難者へのアンケートで「北上ならでは」と思うことは?

→北上独自のふるさとカフェ、雇用促進住宅のコミュニティ育成も北上らしさがあり評価をいただいています。買い物の困りごとについて「ない」という回答が多いことが特徴となりえるかということですが、雇用促進住宅に住んでいる人 は近くに買い物ができる場所があり評価されていますが、市内に点在して住んでいる人もいて一概に地域性があるとはいえないと思います。 /支援物資の配布はあるのか?

→今のところ具体的には考えていていません。年度を通して企業などから支援をしたいという声があった場合、支援として必要なものかどうか判断をして実施していきたいと思います。 /新しい市議会議員となった26名に望むことは?

→平成24年度の重要課題を新しい議員に提案するので活発な議論をお願いしたい。新しい北上市の方向性を目指すものが多いので、特に重要だと思っています。

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日