定例記者会見・平成27年2月

平成27年2月3日(火曜日)の定例記者会見

とき:午前11時~11時30分

ところ:市役所本庁舎2階庁議室

1 「平成26年度北上市地域貢献活動企業褒賞に係る功績賞」について (説明:まちづくり部地域づくり課)

2 「平成26年度北上市体育功労等表彰」について (説明:まちづくり部スポーツ推進課)

3 「北上市生物多様性シンポジウム」について (説明:生活環境部環境課)

4 「「きたかみ景観資産」認定と北上市景観まちづくりフォーラム」について (説明:都市整備部都市計画課)

5 「市職員による除雪ボランティア活動(第4回)」について (説明:企画部総務課)

 

市長から

 おはようございます。いつもお世話になっております。今日は5件についてです。恒例であります地域貢献活動企業褒賞について今回は3企業、3活動を決定し、2月17日に市民交流プラザで表彰式とフォーラムを開催します。体育功労表彰については2月13日に表彰式を開催します。3番目の生物多様性シンポジウムについては、北上市にある16の地域のまち育ての材料として地域資源としての自然活動について焦点をあてながらいかに活用できるかをテーマに話し合いをすすめて進めていくということで、2月7日に開催する予定になっています。これも恒例になりました北上景観資産の認定とまちづくりフォーラムについては3月1日に開催する予定です。最後にこれも恒例になりました除雪ボランティア。こちらも数多くの参加が予定されていますのでこちらもぜひ報道をよろしくお願いします。詳細は担当から報告します。

 

「平成26年度北上市地域貢献活動企業褒賞に係る功績賞」について (説明:まちづくり部地域づくり課)

 平成26年度北上市地域貢献活動企業褒賞に係る功績賞について説明します。こちらの褒賞については地域貢献活動に顕著な成績のあった企業を褒賞し、その取り組みを市民に周知することを通じて、企業に対し感謝の意を伝えるとともに、協働によるまちづくりの意識の醸成を図ることを目的としています。本年度で7回目となります。平成26年1月から12月までの期間に企業が行った地域貢献活動について、情報提供を募って市の広報紙やホームページで紹介する「情報発信」と市内企業から功績賞へのエントリーがあった活動の中から特に優れた取り組みに北上市地域貢献活動企業功績賞をお贈りする「功績賞の授与」の2つからなるものです。

本年度の功績賞はエントリーのあった活動の中から、市と北上市協働推進市民会議が授与する活動を合同で選考しました。その選考を踏まえ資料の3番にあります3企業3活動を決定しました。功績賞の授与については「協働のまちづくりフォーラム」、2月17日3時から市民交流プラザで行われます。そちらの場で授与することになっています。つづきまして功績継続賞というものがあります。功績賞の受賞の活動の受賞時から5年継続されている場合に該当となり、3企業に授与する予定です。本年度は22年度に功績賞を授与した活動が対象となっています。

集約結果は情報提供が91企業309件の情報が寄せられました。こちらは2月13日発行の広報に掲載予定です。エントリーは15企業34件の活動がありました。この中から3企業がいま本年度の功績賞として決定しました。岩手県トラック協会北上支部様。国立競技場のいす運搬作業ということで功績賞になります。トヨタ紡織東北株式会社様。こちらにつきましては地域行事参加交流活動ということで、地元のさまざまな行事に参加いただき協力いただきました。株式会社ユアテック北上営業所様。街路灯の取り付け工事で10灯の取り付け工事をしていただきました。以上です。

 

「平成26年度北上市体育功労等表彰」について (説明:まちづくり部スポーツ推進課)

 平成26年度北上市体育功労等表彰について説明します。いま本年度も市のスポーツ振興に顕著な功績のあった方、およびスポーツ大会において優秀な成績を納められた方を顕彰することにしています。体育功労賞は1名、高橋定義さん。スポーツ栄光賞は3名の方、畠山稜也さん、岩崎実さん、阿部美早さん。そしてスポーツ奨励賞は3名の方。新田剛史さん、高橋きぬ代さん、吉田均さんとなっております。表彰式は2月13日10時からさくらホールで北上市芸術文化功労表彰式と同時に開催することになっています。

 功労賞の高橋定義さんは長く北上市剣道協会の副会長などを務め、さらにスポーツ少年団の代表として現在まで努めていられるということで、北上市の剣道競技の普及や向上に大きく貢献していただきました。次にスポーツ栄光賞ですが、はじめに畠山稜也さん。黒沢尻工高ボクシング部として全国大会で2位、国体で2位ということで優秀な成績を収めているということで栄光賞です。次に岩崎実さんはベンチプレス66キログラム級M4の部、満70歳以上の部で優勝ということで、アジアオセアニアの大会で優勝された方です。阿部美早さんは世界ボディフィットネス選手権大会で優勝されています。日本の大会、オールジャパンで優勝されてカナダのモントリオールの選手権に出場しました。

 次にスポーツ奨励賞です。三人とも昨年行われたアジアマスターズ選手権大会で2位以上の優秀な成績を収められました。新田剛史さんは棒高跳び第2位。優勝者と同じ記録で2位になりました。記録は同じだったが試技数で2位になったということです。高橋きぬ代さんは5000m競歩で2位になった方です。吉田均さんは100m2位、200m3位、走幅跳で2位と優秀な成績を収められました。以上の7人の方を13日の表彰式で表彰いたします。

 

「北上市生物多様性シンポジウム」について (説明:生活環境部環境課)

 当市では初めてとなります、生物多様性をテーマとしたシンポジウム、2月7日(土曜日)午後1時30分から4時30分の予定で詩歌文学館の講堂で行います。“地域の財産(たから)”再発見~身近な生きものからの恵み~と題して、地域の皆さんにたくさん集まっていただいて、分かりやすく生物多様性をひも解いていきたいと思っています。そして16の地域それぞれの地域計画等に生物多様性の視点を生かしていただければと考え、それを狙いとした事業です。二部構成となっていまして、一部では生物多様性の第一人者となっている東北大学の中静先生に講演をしていただきます。その他環境省、そして県立大の学生さんが当市の生物に関しての調査を行っておりその発表が行われます。二部のパネルディスカッションは各界の専門家の方、当市の市長がパネリストとなりまして、分かりやすく進めていくという内容になっています。その他パネル展として企業・各種団体などの取り組みを紹介します。市と岩手県立大学が共催となっていますが両方で主催となっています。よろしくお願いします。

 

「「きたかみ景観資産」認定と北上市景観まちづくりフォーラム」について (説明:都市整備部都市計画課)

 まず、本年度のきたかみ景観資産の認定ですが、資料にあります「すずの里 江釣子神社」の1件を景観資産として認定しました。こちらの団体では草刈りや、すずの清掃などの環境整備が定期的に行われていまです。次の資料ですが景観まちづくりフォーラムについてです。開催日時は3月1日の日曜日、午後2時から4時までの2時間となっています。開催場所は北上市生涯学習センター第1学習室となっています。フォーラムの内容についてはみどりのまち育ての事例紹介を行う予定です。「みどりのまち育て」とは緑化によってまちを美しく、手入れの行き届いたものにしていくため、まちなみ景観に貢献する樹木植栽や生垣、鉢植えなどによる緑化活動を「みどりのまち育て」とネーミングし、こうした取り組みを自主的に行う事業者の皆さんを募集し公表するものとなっております。次にきたかみ景観資産認定式と北上市景観賞の表彰式を行います。こちらは毎年やっているもので、まずきたかみ景観資産については今年認定された一件について認定通知書と、景観資産の認定プレートを授与することとなっています。北上市景観賞の表彰式について本年度は二件、北上市景観賞として決定しています。二件の所有者および設計者、施工者に対しまして賞状と記念楯を授与することとなっています。審査員特別賞の1件に対しては賞状を授与することになっています。北上市景観賞の受賞者は資料をご覧ください。

フォーラムの内容に戻りますが、パネルディスカッション「景観まちづくりその先へ」ということで、今回は景観計画の策定から5年が経過しますが、先進地の皆さまから景観まちづくりを学び、今後の北上市の景観まちづくりについてみんなで考える場にしたいと考えています。コーディネーターに岩手大学農学部准教授の三宅諭先生をお迎えする予定になっています。パネリストとして所沢市さんと秦野市さんをお呼びする予定です。北上市と3者でパネルディスカッションを行う予定です。参加申し込みの受け付けは特定非営利活動法人 いわてNPO-NETサポートとなっております。都市計画課でも問い合わせや申し込みを受け付けています。以上です。

 

「市職員による除雪ボランティア活動(第4回)」について (説明:企画部総務課)

 今回北上市職員互助会、北上消防組合職員互助会、そして建設業協会さんと三者共同で行います。北上市職員互助会というのは職員の福利厚生のためにつくっています。会長は企画部長です。消防組合は会長が消防次長です。その団体で夏祭りの踊りにも参加していますし、時期により地域の清掃活動も行っています。今回は除雪のボランティア活動ということになっています。目的は、地域の一員として積極的に地域活動に協力するため、高齢者や障がい者の除雪ボランティアを行おうとするものです。日時が2月14日の8時30分に本庁舎の正面に集合し各現場に向かいます。作業の内容としては手作業で行いますが3、4人のグループで行います。除雪の予定箇所ですが高齢者や障がい者のお宅、市内50かカ所程度を予定しています。ただ、今回は暖冬で、街中のほうは雪が少ない状況ですのでどちらかというと西のほう、和賀地区でやっていくということになっています。現在の参加予定者ですが市の職員互助会は150人程度、消防組合の互助会は50人程度となっています。過去の実績については資料のほうに記載してありますが、今回が規模としては過去最高の人数が参加ということになっています。以上です。

 

質疑などその他

/ 除雪ボランティアについてですが、互助会には職員すべてが加入しているのか。
→ 一般職すべて加入しています。市の職員は630人でほぼすべて加入している。消防の職員は134人

/ 除雪ボランティアには市長・副市長も参加するのか。
→ 国体の600日前イベントと重なるので少しだけの参加になる。顔を出す程度になると思う。

/ 雪が少ないが除雪する雪はあるのか。
→ この辺は少ないが西のほうに行けばある。

/ 対象箇所は希望をとってやっているのか。
→ 福祉を通じて希望場所の聞き取りをしている。そこに職員を割り振っている。

/ 参加見込み数が例年より多いとのことだったがこれは何か理由はあるのか。
→ 仕事の関係があって参加できない人もいるが、それ以外の人は参加するよう呼びかけをしている

/ 生物多様性シンポジウムには16の地区の代表の人が全て参加するのか
→ 強制ということではないが案内は出している。

/ まちづくり計画に生物多様性を組み込むというのはどういうことか
→ 地域でビオトープを地域の資産として育てていたり、黒岩地区だと小さな滝を生かして周りを整備して憩いの場所を作ったり、自然に親しみながら憩いの場所を作るようなことを行っているのでそれを改めて考えていきましょうということです。地域の自然を考えることでそれが地球規模の大きなところに結びつくということが先生方からお話ししていただけると思います。

/ 地域それぞれにそういうものはあるのか
→ あります。さっき話した清水を守る活動であるとか、鳥の生息場所を守る活動であるとかそういったものがあります。

/ 発表される学生は北上の方ですか
→ 北上の人ではないが北上について調べてくれている人です。

/ 阿部さんの国際大会での結果は
→ カナダの大会では10位ということです。全国規模で優勝し、世界大会に出場ということで栄光賞の受賞になります。

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日