定例記者会見・平成27年9月

平成27年9月1日(火曜日)の定例記者会見

とき:午前11時~11時40分

ところ:市役所本庁舎2階庁議室

1 北上市高齢者見守り安心ネットワーク事業について (説明:保健福祉部長寿介護課)

2 ウェルカム北上ふるさと旅行券の販売について (説明:商工部商業観光課)

3 夏油高原紅葉まつりについて (説明:商工部商業観光課)

4 第22回みちのく民俗村まつりについて (説明:商工部商業観光課)

5 きたかみ・かねがさきテクノメッセ2015について (説明:商工部工業振興課)

6 イングリッシュパーク&イングリッシュスクエアについて (説明:まちづくり部生涯学習文化課)

 

市長から

 

 今日も多くの案件があります。まず1番目の北上市の高齢者見守り安心ネットワーク事業につきましては、他の自治体はすでに開始しておりますが、北上市も取り組むことになりました。9月募集開始、そして協定式を行ったうえで10月から事業を開始する予定となっています。2番目のウェルカム北上ふるさと旅行券の販売については、プレミアム5割ということで、9月8日発売・事業開始で1月31日まで販売します。利用施設等につきましては、現在決まっているものに加え、今後も増えていくことになります。3番目の夏油高原紅葉まつりについては、10月10日から25日まで開催されます。主催は実行委員会で、実行委員長は北日本リゾートの菅原社長、事務局は商業観光課となります。4番目の第22回みちのく民俗村まつりについてですが、指定管理になってから初めての民俗村まつりになります。10月17日、恒例の花嫁道中があるほか、新たな取り組みもありますので、担当から詳しく説明します。これも主催は実行委員会となります。5番目はきたかみ・かねがさきテクノメッセについてです。3年に一度開催していましたが、来年国体ということもあり、また、できるだけ多くの高校生が触れる機会を作りたいということで今年から2年に一度の開催に変更し、10月3日・4日の開催となります。また、昨年はアジアマスターズ陸上に合わせて開催した、いわてまるごと肉フェスタを今年はこのきたかみ・かねがさきテクノメッセに合わせて開催します。翌週は国体1年前イベントとしていわて北上マラソン大会も開催されます。10月の週末は総合運動公園が大いに賑わうことになろうかと思います。最後に6番目は、イングリッシュパーク&イングリッシュスクエアについてです。北上市の国際都市推進事業の一環として、今回初めて取り組むことです。10月3日からスタートし、3月5日まで行います。各階層に合わせた生の語学体験ができるコースを用意しました。以上6件となります。

    

北上市高齢者見守り安心ネットワーク事業について (説明: 保健福祉部長寿介護課)

 現在高齢者の見守りについては、地域の民生委員さんや福祉協力員さんが必要に応じて見守り活動を行っていますが、10月からは、これに加えて電気・ガス・水道事業者などの協力を得て行います。協力事業者が高齢者宅に行った際に、異変を見つけた場合または察知した場合には、市役所に通報してもらいます。また、救急車やパトカーを呼ばなければならないような緊急事態には、そちらにも連絡していただきます。このような仕組みを作り、10月から事業開始するというものです。ついては、協力事業者を今月から募集したいと思っております。どんな場合に通報・連絡してほしいかというと、外観から見た異変として、例えば郵便物や新聞がポストにたまっている状態が続いているとか、同じ洗濯物が干されたままになっている、夜に電灯がついていない状態が続いているなど同じ状態が続いている場合です。また、ごみの異臭、虐待が疑われる異音などがあった場合にも通報していただきたいと思います。次に本人の姿等から見た異変として、最近見かけなくなった、いつも商品を手渡す人に会えない状態が続いている、不自然なケガやアザが見られるなどの場合には市役所に連絡をいただきたいと思います。市役所の窓口は長寿介護課になります。連絡をいただいた場合は、市で安否確認や現状確認を行い、見守りの徹底、介護サービスや施設の利用を働きかけにつなげていきます。10月からの実施にあたり、事業者とは協定を結ぶことになります。調印式の日程が決まりましたら、改めてお知らせしたいと思います。多くの事業者の協力を得て実施したいと考えておりますので、よろしくお願いします。

 

ウェルカム北上ふるさと旅行券の販売について (説明:商工部商業観光課)

 これは、国の経済対策事業の交付金を活用して行う事業です。販売金額は1冊5,000円、額面10,000円、割引率5割ということになります。額面10,000円の内訳は、1,000円券が10枚1セットで、販売予定数が426セットです。額面でいうと426万円分となります。販売期間が9月8日から1月29日まで、売切れ次第終了です。販売対象ですが、北上に新たな誘客等の促進を図りたいということで、岩手県外在住の方に限定させていただきます。お一人様3セット、額面3万円分までとなります。ご利用期間は9月9日から1月31日までです。販売窓口は、ふるさと旅行券の事業実施主体である北上市内に本社を置く旅行会社ということで、ジャパン・ツーリスト・サービス株式会社様、東北友愛観光株式会社様、株式会社北上交通観光様の3社となります。使用できる施設は、市内の旅館・ホテル、飲食店、お土産屋、レジャー施設である夏油高原スキー場、交通関係などとなっています。随時追加していきたいと思います。購入方法についてですが、身分証明書など県外在住を確認するものを提示いただきます。

 

夏油高原紅葉まつりについて (説明:商工部商業観光課)

 夏油高原紅葉まつりを10月10日、3連休の初日から25日までの3週にわたって開催します。メインの3連休はステージイベント、うまいもの市、おかみのそば屋を予定しています。今回新たな連携事業ということで、パラグライディングアキュラシー日本選手権が初めて夏油で開催されます。アキュラシーとは正確さという意味で、パラグライダーの正確性を競う競技ということです。例年30人ほど出場している大会のようです。また、18日はカワサキモータースさんのご協力を得まして、カワサキコーヒーブレイクミーティング、いわばカワサキバイクのオーナーさんが全国から集うイベントを開催します。晴れれば2000台くらい、天候が悪くても1000台くらい集まるのではないだろうかというもので、夏油では10年ぶりの開催です。最終24日・25日は昨年初めて開催しました夏油てしごと市、第2回スコップ三味線の県大会も開催されます。この3週に渡って巡回バスを運行します。また、山の案内人等による夏油の山の魅力を伝えるトレッキングなども同時開催します。

 

第22回みちのく民俗村まつりについて (説明:商工部商業観光課)

 期日は10月17日で、まつりとしての時間は午前10時から午後2時30分ですが、民俗村自体は午前9時から午後5時までということです。催し物は、子どもの芸能発表会等、また今回も昔なつかし花嫁道中を開催します。花嫁道中のコースやスケジュールは配布資料をご覧ください。キャストは花嫁は髙見理恵さん、花婿は千田大介さんで、花婿の千田さんは鬼柳出身、現在は両名とも東京在住です。すでに昨年末に入籍されています。  

 

きたかみ・かねがさきテクノメッセ2015について (説明:商工部工業振興課)

 開催日は10月3日(土曜日)、4日(日曜日)の2日間で、北上総合体育館で開催します。本年は「モノをつくる 人をつくる 未来をつくる」をテーマとして、北上・金ヶ崎地域の企業が一堂に会し、各社の製品の紹介などを行います。今年で10回目の開催ですが、前回の2013年からテクノメッセと名称を変更し、変更後は2回目の開催となります。以前は工業匠祭という名称で実施しておりました。タイトルにもあります通り、金ヶ崎町さんとの共催事業で、金ヶ崎町さんと合同で行うようになってからは3回目の開催です。90団体の参加予定でありますが、工業ブースとしましては80ブースを予定しておりまして、そのほかイベントや物販団体を含めて90団体の参加です。催し物の内容ですが、前回に引き続きましてコマをどれだけ回し続けられるか競うコマ大戦を行います。子どものコマ大戦を3日に行い、4日には大人のコマ大戦を行います。それから、モノづくりチャレンジコーナーとしましては、折り畳みのイス作り、銅板の表札作りなど様々なモノづくりをその場で体験することができます。次に岩手産業振興センターに展示されているショーケースカーというものですが、岩手県内の企業さんが研究・量産・開発している自動車関連部品を1台の車に見立てて見学することができるというものです。こちらを今回のイベントでご覧いただくことができます。それから、ドキドキわくわく未来科学館というものですが、環境をテーマにしたコーナーもございまして、当市の環境課、岩手大学さん、黒沢尻工業高校さんと共同しながら行う予定となっています。主催は北上工業クラブさんで、北上市、金ヶ崎町、北上商工会議所、岩手県が共催をする数年に一度のイベントです。併せて2日には県内、市内の工業高校さんなどがイベントをご覧いただける機会も設定しておりますし、市内小中学校さんも見学できるよう準備を進めています。同日には北上総合運動公園でいわてまるごと肉フェスタ2015というイベントが併せて開催されます。こちらは実行委員会が主催ですが、事務局を県南広域振興局とするイベントで、多数の方がご来場いただけると思っております。事前の周知、当日の取材などよろしくお願いします。  

 

イングリッシュパーク&イングリッシュスクエアについて (説明:まちづくり部生涯学習文化課)

 この事業は北上市の将来を担う子どもたちの英語によるコミュニケーション能力を強化することを目標としております。将来的には当市にいらした外国人に北上の名所を案内する、あるいは世界で活躍する人材育成を図ることを目的に開催するものです。主催は北上市・一般社団法人北上市国際交流協会、共催は北上市教育委員会です。岩手大学教育学部の協力をいただいて、メニューを考えていきます。開催期間は10月3日から来年の3月5日までとなっています。全体テーマとしましては、「英語でコミュニケーション~北上からO・MO・TE・NA・SHI~」としております。二つのテーマがありまして、一つはイングリッシュパーク、これは小学校3年生から高校2年生までで、各層によって時間割を変えております。もう一つはイングリッシュスクエア、これは高校3年生と大人が対象です。それぞれ20人を定員としています。現在申込者がありまして、配布したチラシと構成を変えております。小学3年生・4年生で20人としておりましたが、3年生だけで24人の申し込みがすでにありますので、小学3年生だけで一つのクラスとします。それから小学5年生・6年生で21人の申し込みがあり、定員に達していますので、一クラスとなります。4年生は15人で若干の余裕があります。それから中学1年~高校2年のコースはまだ8名ですので、ぜひPRをお願いします。高校生と大人のクラスは14人の申し込みがすでにあります。講師につきましては、教育委員会のALT4名と市内の外国人3名合わせて7名となっています。併せて去年のアジアマスターズで通訳ボランティアをしていただいた方々にも協力いただくことになっております。  

 

質疑などその他

/見守りネットワークに参加する事業者は決まっているのか
今のところ2社から申し出があります。さらに広げていきたいと思います。

/北上市が今回見守りネットワークを始めるきっかけは
→以前から民間によるネットワークは必要だなと思っていました。計画にも載せておりましたし、民間事業者からも声が上がったので実際に行おうとなりました。

/事業開始まで1カ月と期間が短いのでは
→募集期間は1カ月のみではなく継続して行うので、事業者から声があればその都度協定を結び、ネットワークを広げていきます。

/事業者に報酬等はあるのか、ボランティアで行うのか
→ボランティアでやっていただきます。通報にかかる経費も事業者が負担することになります。

/事業者の数はどれくらいを見込んでいるか
→今のところ想定はできておりません。声が上がっているのは2社です。

/県内の実施状況は
→ほとんどの市町村で似たような事業は行われています。

/10月1日から開始でよいか
→協定を結び次第、10月からスタートします。

/ふるさと旅行券について、426セットという数字にはどんな事情があるのか
→市から委託している北上おもてなし旅行隊の事業費見積もりの関係でこのセット数になっています。

/国からはいくら交付されているのか、北上市として上乗せは
→事務経費を含めて400万円の予算となっています。市として上乗せはしません。

/去年スコップ三味線の会場で駐車場がなくて大変だったと聞いたが対策は
→現時点で駐車場を増やすとはなっていませんが、実行委員会の関係者が集まって協議をしております。

/巡回バスは無料なのか、台数は
→無料です。3便を予定しています。1回1台です。大型バスですので、1台30から40名程度を予定しています。  

/テクノメッセはこれから2年に1度開催するのか
→はい。  

/学校見学会は毎回行われているのか
→毎回行っています。今回は沿岸を中心とする工業高校の見学に当たっては、県の振興局による助成が行われます。  

/見学の参加数は増えるのか
→前回の参加数を把握しておりませんので、後程お知らせします。今回は小学校から高校まで1600人くらいの見学を予定しています

/花嫁道中のコースは前回と同じか
→前回は花嫁の出発する菅野家が修理中で使用できませんでしたので、前々回と同じルートになります。ちなみに前回は大泉家が花嫁の出発地点でした。  

/どれくらいの距離か
→距離は把握していませんが、約1時間、休憩を取りながらゆっくりと歩くことになります。  

/陸上競技場のイスの取り付けについて、以前子どもにも体験してもらいたいということだったがそれは変わりないか
→はい。取り付けは年齢制限がないので子どもさんにも体験してもらいたい。  

/イングリッシュパークについて、中学生1・2年生と高校生を分けていたのが一緒のクラスになるということでよいか
→その通りです。

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日