定例記者会見・平成29年1月

平成29年1月5日(金曜日)の定例記者会見

とき:午前10時~11時

ところ:市役所本庁舎2階庁議室

1 第6回女性模擬議会について (説明:まちづくり部地域づくり課)

2 第5回きたかみ地域教育力向上フォーラムについて (説明:まちづくり部生涯学習文化課)

3 平成29年成人式について (説明:まちづくり部生涯学習文化課)

4 北上市国際交流ルーム開設20周年記念公演について (説明:まちづくり部生涯学習文化課)

5 石垣市への交流職員の派遣について (説明:企画部総務課)

 

市長から

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 昨年は、いわて国体・いわて大会が大成功に終わりました。報道各機関の皆さま方のきめ細かな報道に、市民県民の皆さんが一生懸命おもてなしをしていただいたことが大きな要因と感じています。心から御礼を申し上げます。

 今年は、国体のような大きなイベントはない予定ですが、北上市は、立地企業の動きが引き続き活発になるであろうと思っていますし、2019年のラグビーワールドカップ、2020年のオリンピック、そしてさらにその先はILC誘致という大きな目標がありますので、それらに向け活発に動いていこうと思っています。

 本日は、5件の案件があります。

 1つ目は、第6回女性模擬議会です。1月20日(金曜日)午前10時から正午まで、女性団体3団体から3名が登壇し質問する予定です。さまざまな課題などについて市当局と質疑を交わします。

 2つ目、第5回きたかみ地域教育力向上フォーラムを1月28日(土曜日)日本現代詩歌文学館で開催します。今年の特徴としては、小中高校生と地域との協働事例が発表されます。教育力向上のため各地域の参考になると思われます。また、情報に関する講演も行われる予定となっています。  

 3つ目、今年の成人式は、1月8日(日曜日)午後1時からさくらホール大ホールで開催します。オープニングでは、全国高文祭出場予定の北上翔南高校鬼剣舞部によるセレモニーを行います。なお、例年行っていた模擬投票ですが、選挙年齢が引き下げられたことに伴い、今回からは実施しないこととしました。

 4つ目は、市が設置している北上市国際交流ルームが20周年を迎え、記念公演を1月14日(土曜日)午後1時30分から行います。国際交流ルームは、姉妹都市交流や外国人居住者などに向けた多言語ガイドなど、国際交流に関する業務を行っていただいています。内容詳細については、後程お伝えします。

 5つ目は、昨年末、石垣市から市職員を当市に派遣いただきましたが、今度は、当市から石垣市に職員を派遣することになりました。派遣期間は1月10日から2月3日までとなります。派遣職員は、生活環境部主査の鈴木久美です。1月22日(日曜日)に石垣島マラソンおよび石垣牛まつりなどのイベントがあり、そのようなイベント運営などについて業務を行いながら研修を行います。

 詳細は担当からお伝えしますので、報道方よろしくお願いします。

 

第6回女性模擬議会について (説明:企まちづくり部地域づくり課)

 目的は、女性の社会参画と地位向上を図りながら、協働による住みよい生活環境づくりをすすめる、ということで、女性の意見を市政に反映してもらいたい、あるいは市政の理解を深めたいということで市議会と同じ形式で実施するものです。主催は、きたかみ市各種女性団体協議会です。

 開催日時は1月20日(金曜日)午前10時から正午まで、市議事堂本会議場で行います。参加者は、きたかみ市各種女性団体協議会の構成団体から選ばれた26人で、傍聴はどなたでもできます。市側は、市長、副市長、教育長、部長級職員が答弁に立ちます。質問事項は3人から6件挙がっています。これまでの経緯については、平成12年から実施していますが、1回目からは5年を空け、その後は3年に1度実施しています。

 

第5回きたかみ地域教育力向上フォーラムについて (説明:まちづくり部生涯学習文化課)

  3件説明します。

 1つ目、第5回となるきたかみ地域教育力向上フォーラムについては、1月28日(土曜日)日本現代詩歌文学館で開催します。子どもたちが行っているさまざまな活動を皆で共有し合い、地域の教育力を高めていくことを目的としています。

 テーマとしては、「学びあい みんなで育つ 北上っ子」となっています。内容としては、事例発表として黒沢尻工業高校が地域と一緒に行っているエネルギー環境教育の取り組みについて事例発表していただきます。2つ目は、北上市社会福祉協議会が行っているハウスクリーニングプロジェクトです。これは高齢者などのお宅に伺い、小学生がハウスクリーニングに取り組んでいる事例を発表するものです。講演会については、岩手県立生涯学習推進センター生涯学習部長の佐藤敦士氏が「情報メディアとの付き合い方」について講演します。これはスマートフォンなどに関する情報教育の正しい使い方についてお話しいただくものです。

 

平成29年成人式について (説明:まちづくり部生涯学習文化課)

  平成29年成人式についてです。1月8日(日曜日)午後1時から午後2時まで、さくらホール大ホールで開催します。対象者は、平成8年4月2日から平成9年4月1日に生まれた人で949人が対象となっています。昨日付けの人数となっていますので、市外の人の申し込みがあると若干増えることもあると思われます。内容は、オープニングセレモニーに北上翔南高校鬼剣舞部、20歳のメッセージに思い出の映像ということで、これは北上ケーブルテレビに協力をいただいて、新成人の小中学生当時の映像を流す予定です。なお、今回は模擬投票は行いません。その代わり、市で作成したプロモーションビデオを流そうと考えています。新成人代表のあいさつは、稲瀬地区の高橋なつみさん、司会進行は、立花地区の軽石晴喜さんと戸田愛歌さんが行います。また、当日の受付の案内についても新成人のボランティアが数名携わる予定です。

 

北上市国際交流ルーム開設20周年記念公演について (説明:まちづくり部生涯学習文化課)

 北上市国際交流ルームは平成8年9月3日に市が開設し、現在は、北上市国際交流協会に事業を委託しています。詳細については、チーフアドバイザーの薄衣から説明させていただきます。

 1月14日(土曜日)に20周年を記念して記念公演を開催します。記念公演の概要は、現在行っているインターナショナルスクール事業、子どもたちから大人までの英会話活動を担当している関係で、子どもたちが生活の中から英語を楽しんでもらえるよう、英語の落語をメインに構成しています。第1部は、北上市国際交流ルームの活動の原点が姉妹都市交流でしたので、姉妹都市交流の歌をシンガーソングライターの屋良とものぶさんに作っていただきました。屋良さんは、先月コンコード市のすぐ隣のバークレーで演奏活動を行っていて、コンサートの際には、コンコード市の人も聞きに来てくれたとのことで、コンコード市との交流もある人です。姉妹都市の歌とはいいますが、北上市やコンコード市の名前が入っているわけではなく、Catch the Rainbow という、どの都市でも通用するような内容の歌を作って次の世代、またその次の世代に受け継がれていくことを祈念して、今回、姉妹都市交流の歌を披露するのが第一部です。また、ルーム開設当時からいる外国人が今も北上市に住んでいるので、その人たちからお話を伺います。第二部では英語の落語を行いますが、日本語も交えて行います。外国人が行う落語を楽しんでいただけたらと思います。英語落語を披露していただくのは桂かい枝師匠で、世界24カ国100都市で落語公演を行っている方です。中学校の教科書にも出ている方で、違う角度の英会話で初笑いを楽しんでいただけたらと思います。

 

石垣市への交流職員の派遣について (説明:企画部総務課)

 昨年9月に友好都市である沖縄県石垣市と当市とで締結した「石垣市と北上市の職員交流に関する協定書」に基づいて、石垣市へ職員を派遣することとしました。目的としては、石垣市と北上市との間において先進的行政手法を実地に研修することにより、相互理解と協力関係を促進するとともに、職員の資質向上を図るものです。派遣期間は、1月10日から2月3日までです。派遣職員は、生活環境部市民課主査の鈴木久美です。交流内容は、イベントの企画・運営としまして、特に石垣島マラソン、石垣牛まつりの企画運営を研修してきます。

 

質疑などその他

/女性模擬議会について、これまで市政に実際に反映させた事例について教えてほしい。
→ごみ問題、子育て支援について担当課において検討し、翌年度の事業等に反映しているとのことです。

/県内にも行っているところはあるのか。
→行っていると思います。女性のほかにも子ども議会や青年議会などもあります。

/3年に1回というのは何か意味があるのか。
→主催者側が一定の間隔を置いて行うこととしていて、慣例的に行っています。

/傍聴は席がいっぱいにならなければ入れるのか。事前手続きは必要か?
→傍聴席は60席。どなたでも傍聴できます。事前手続きは不要で、お名前だけ記入いただきます。

/女性とわざわざ謳わなければならないのは、女性の意見がなかなかなかったからなのか。始まった経緯を教えてほしい。
→主催が女性団体協議会ですが、当時は女性の議員も少なかったので、女性の意見を反映する機会がなかなかなかったのではないかと思われます。

/国際交流ルーム20周年記念公演について、屋良さんとはどのような経緯で出演することとなったのか?
→旧知の知人です。東京や神奈川を中心に音楽活動をしていて、毎年アメリカでも公演していて、コンコード市などでも活動をしており、その関係で出演いただくことになりました。神奈川県在住。遊・YOU学園祭にも2度ほど来て歌っていただいています。

/成人式について、対象が949人とのことだが、今年の北上市の新成人が949人ということでよいか。
→はい。

/思い出の映像というのは今年初めて?
→初めてではありません。ここ数年ケーブルテレビにお願いして流しています。なお、北上市のプロモーションビデオとは違うものです。

/今年は行わないということだが、模擬投票とはどのようなものか。
→昨年度は国体で応援したい競技(市内で開催される競技)は何かということで投票いただきました。一昨年も同様の内容で行いました。

/市長に伺いたい。年末に黒沢尻工業高校のラグビーや専修大学北上高校の女子サッカーの全国大会出場、八重樫東さんの防衛戦などあったが一言いただきたい。
→それらに限らず、小中高校生、北上出身者のスポーツ、文化面でも活躍されている皆さんを応援しながら合わせて市のシティプロモーションに繋がればということで動いています。活躍の際にはできるだけ皆さんに応援してもらえるような環境づくりをしたいと考えています。

/2019年のラグビーワールドカップや東京オリンピックなどもあるが、何か具体的に考えているところはあるか
→ラグビーワールドカップの公認キャンプについては最優先で動いています。オリンピックに関しては、リオオリンピックの際に市の情報をホームページに載せてもらっているし、それらを通して何か情報がつかめれば動いていきたいと考えています。
 また、3日に当市出身で東京国際大学在学の照井明人さんが箱根駅伝で幻の区間賞ということでしたが、彼が今後いろいろな場面で活躍できるようにサポートしていければと思っています。

/立地企業の動きが活発になるだろうという話だが、年末にも南部工業団地のダイワハウスのテナント誘致があったが、今年もまたさらに何かあるのか。
→引き続き動いていきます。日本郵便が3月から、ダイワハウス工業の建物が完成すればテナントが入ってくることになります。それらを一つずつ積み重ねていきます。
 また、有効求人倍率が2.20ということで人材確保の対策もしていかなければならないと考えています。

/昨年末、ケーブルテレビが24時間以上停波するということがあったが、市の第3セクターということで市として何か同社に働きかけはしているのか。
→報道されたとおり、突然、衛星から電波が送られなくなった事故であり、直接的な過失ではないのですが、復旧に1日以上を要し、ご迷惑をおかけしました。今後、衛星ではない方法で電波の受け取ることを検討しています。取締役会でも報告があり、急いで対応するよう指示しました。

/3日にごみの収集でトラブルがあったとのことだが、何世帯に影響があったのか。また、広報体制はどうなっていたのか。
→エリアは黒沢尻地区。昼ごろに確知しました。3日の収集は昨年度から行っていますが、昨年度は3日が日曜日だったため収集がありませんでした。そのためか業者の方で失念していたとのことです。ネットをかけているごみ置き場は3日中に対応し、鍵がかかるごみ置き場は4日に対応しました。今後はお互いにしっかり確認を取る必要があり、発注側、受注側ともに是正措置を取らなければならないと考えています。
 広報については、コミュニティFM 等もまだなく、休日で区長を通し連絡することもできなかったので、ホームページに掲載することで対応しましたが、どの程度周知できていたかはわからない。今回はごみだったが、水道事故や毒物流出などが発生した場合の緊急連絡体制も考えていかなければならないと考えています。生命の危険が伴うような場合は、民放、ラジオ、消防団の協力など、緊急の連絡ができる体制も考えなければならないと思っています。

/今回はホームページ以外では広報を行っていたのか。
→午後にはごみが収集可能ということだったので、取り急ぎ収集を優先としました。

/ホームページに掲載したとのことだが、高齢世帯など、4日に再回収があることを知らなかった人が多かったのではないか。仮に広報車などを回せばこのような事態を防げたのではないか。ケーブルテレビでもテロップを流したとのことだが、翌日聞いたが電話が市に殺到したとのこと。ということは見ている人は一部。ケーブルテレビで年末のように何かあった時、どういう広報が考えられるのか、また、FMについても常時聞く人がどれくらいいるのか。こういうときFMを聞けばいいのだと思う人がどれだけいるのか。ケーブルテレビを見ていない人も多くいるのだから、広報体制について、もう少しアナログの広報車や防災無線などの方が、FMよりも緊急時に非常に有効と思うが。
→当市は限られたメディア手段しか持っていない状況です。防災無線なども、今の住宅は防音がしっかりしていて何か言っているのはわかるが、何を言っているか内容が伝わらないということが各地区の防災訓練などを通して分かっています。さまざまなメディアを通じて広報を行う中で、例えば携帯電話などで、これらが困難な場合の代替手段の環境がまだありません。今後、複合的に緊急時の伝達方法を考えていかなければならないと考えています。

/コミュニティFMは、昨年内に仮契約との話だったが進捗状況は?
→まだ案を作成している段階です。1月早期には行いたいと考えています。内容についての協議を整えなければならないのでどうしても時間がかかってしまいます。案もこれから示す予定です。

/年を越してしまった要因は?
→どのように進めていくかなどの取りまとめの事務手続きに時間がかかっている状況です。

/石垣市への職員派遣は何人目?また、石垣市からの受け入れは1人か。
→1人目です。昨年協定を締結したので石垣市からの職員派遣もまだ1人です。

/なぜ鈴木さんになったのか。また、普段の仕事は?
→公募しました。普段は、市民課の市民相談係に所属していて、市民の方からの相談などを受けています。また、消費生活センターを兼務しているため、消費者被害の啓発活動などを行っています。

/普段の仕事と石垣市で行う内容は業務内容が異なるようだが。
→以前、スポーツ推進課に所属しており、イベント企画・運営等に関わっていました。元々企画等に興味がありました。
また、他の市町村の窓口対応の様子など見てきたいと考えています。

/今回応募したのは将来企画運営などをしたいという思いからか。
→そうです。

/どのようなことを学んできたいか。
→両市は気候が異なるので、石垣島マラソンで行っていることを北上市に持ってきたときにどのようにすればうまくいくかなど考えながら研修をしていきたいです。

/こちらに生かしたいと考えていることや具体的に関心があることは?
→マラソンなどまだ実際どのようなものかは分からないので今は答えられないですが、多くのことを学んできたいと思っています。
 マラソン以外にも、多くの人が島外から来るので、観光面でも学んできたいと考えています。

/石垣島マラソンは知名度が大きいものなのか。また、いつ開催されるのか
→1月22日(日曜日)に開催されます。47都道府県から参加があるとても大きなマラソン大会です。また、同日石垣牛まつりも開催されます。

/石垣市への職員派遣の公募は何人あったのか。また、北上市職員は現在何人か。
→1人です。市職員は650人弱います。

/市の代表として交流派遣となる意気込みを聞かせてほしい。
→石垣市には、北上市にない部分が多くあると思うので、北上市に生かせる部分を学んできたいと思っています。

/両市の友好関係に貢献したいという思いなど聞かせてほしい
→石垣市についてもまだ知らないことが多くあるので、農業についても観光についてもいろいろなことを学んできたいと思っています。

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日