定例記者会見・平成29年8月

平成29年8月1日(火曜日)の定例記者会見

とき:午前11時~11時45分

ところ:市役所本庁舎2階庁議室

1 北上市初開催J3リーグ「グルージャ盛岡VSガンバ大阪U-23」について  (説明:まちづくり部スポーツ推進課)

2 北上市第2運動場改修記念招待試合について (説明:まちづくり部スポーツ推進課)

3 ふるさと北上応援寄附の返礼品の見直しについて (説明:商工部産業雇用支援課)

4 北上市総合防災訓練について (消防防災部消防防災課)  

 

市長から

 今回は4件です。1番目は、北上市初開催J3リーグ公式戦についてです。北上市がサッカーJ3・グルージャ盛岡のホームタウンとして追加になり、8月20日午後3時から北上市初のJリーグ公式戦を開催します。開場は午前11時15分からです。子どもたちとのふれあい、ミニゲーム等のイベントをすることで、試合を盛り上げていく企画になっています。2番目は、北上第2運動場改修記念招待試合についてです。いわて国体でわんこ広場として使用した北上第2運動場人工芝グランド改修工事が完了しました。それを記念して招待試合を行います。8月27日(日曜日)午前10時から高校男子サッカー、午後0時30分からラグビー、午後3時から高校女子サッカーの3試合です。強豪校を招待しての試合の開催です。専大北上高校女子サッカーは最近強くなっており、昨年は全国大会に出場しています。3番目はふるさと北上応援寄附の返礼品の見直しについてです。総務省からの指摘を受けて見直し作業を行っています。内容は、返礼品を4割から3割以内、市内返礼品の取り止めを9月1日から実施します。高額返礼品の自粛については準備がありますので、来年度からの実施になります。4番目は、北上市総合防災訓練についてです。9月2日(土曜日)午前7時からです。今年は和賀地区を中心に、最初は和賀地区交流センター、その後ふるさと体験館で行います。この地区は、山口地区の一部で和賀川の増水による浸水が懸念されます。昨年度、湯田ダムの管理事務所が地域に説明をしましたが、その他にも小河川の氾濫等も近年増えていますので、その辺をターゲットにした訓練を行う予定です。

 

北上市初開催J3リーグ「グルージャ盛VSガンバ大阪U-23」について (説明:まちづくり部スポーツ推進課)

 北上市初のJリーグ開催です。J3の「グルージャ盛岡VSガンバ大阪U-23」が8月20日(日曜日)に開催されます。経過と致しまして、盛岡に次いで県内で2番目のホームタウンとしてJリーグから承認をいただき、取り組みを進めてきました。先行して各紙で報道されましたが、改めてPRを兼ねて紹介させていただきます。チケットは既に各種コンビニ、グルージャのいわてアスリートクラブのホームページ、Jリーグのチケット、インターネットで販売されています。前座試合、プロチームのクリニック等も開催されます。市としてもプロスポーツの観戦機会を充実させ、更には、プロ選手を通して教室等のクリニック事業を展開しながら子どもたちの競技力向上につなげ、経済的にも交流人口を増やして地域活性化に繋げていきたいと思っています。ご存知の通り、現在3勝6分8敗で、17チーム中14位という位置にありますので、ぜひ県民一体となり、プロ競技、県に根付いたプロスポーツを応援してさらに上位に食い込むよう盛り上げていきたいと思います。

 

北上第2運動場改修記念招待試合について (説明:まちづくりスポーツ推進課)

 北上第2運動場グランドを天然芝から人工芝へ整備を進めてきました。7月をもって工事が完了し、市の完了検査が8月3日に予定されています。完成の記念事業としてこけら落しの記念試合が8月27日(日曜日)に第2運動場で行われます。試合は3試合でサッカーとラグビーです。招待チームを紹介します。尚志高校は、全国サッカー選手権大会に8回出場し、過去にはベスト4まで進んだ東北の強豪校です。今年1月に開催された東北高校新人サッカー大会で、専修大学北上高校は敗れましたが、尚志高校は青森山田高校を破り優勝しています。女子サッカーの宮城県常盤木学園高校は、全日本選手権大会で優勝5回、現在なでしこリーグの3部に相当するチャレンジリーグに所属し、リーグイーストで3位という成績を収めている強豪校です。昨年は専修大学北上高校の女子サッカーが岩手県勢初の全国大会に出場しています。惜しくも負けてしまいましたが、男子サッカー部も決勝戦で健闘しました。今年こそアベック優勝を狙っており、サッカー機運が高まっている専修大学北上高校を応援するという意味合いも込め、東北の強豪校を招待してサッカー試合を開催します。ラグビーですが、現在北上市はワールドカップのキャンプ地誘致にも取り組んでいます。従来から釜石ラグビーの招待試合、ラグビーフェスティバル等を開催しながらラグビーを盛り上げてきました。誘致企業のヤクルトにもヤクルトレビンズというラグビーチームがあります。今年から釜石シーウェイブスがジャパントップチャレンジリーグに昇格しましたが、昨年まで同じジャパンラグビートップイーストリーグに所属していました。釜石シーウェイブスは10チーム中3位、ヤクルトレビンズが10チーム中8位でした。岩手ヤクルト工場の社長のご厚意もあり、このたびの試合運びとなりました。8月20日(日曜日)と8月27日(日曜日)の2日間、サッカーのプロリーグ、こけら落しの試合が開催されますので、ぜひ皆さんにお越しいただきたいと思います。

 

ふるさと北上応援寄附の返礼品の見直しについて (説明:商工部産業雇用支援課)

 4月1日に総務大臣通知により、指摘された内容は資料として添付しています。返礼品のあり方ですが、ふるさと納税の趣旨に反するような返礼品については、金銭類似性の高いもの・資産性の高いもの・価格の高額なものというようなことが掲げられています。返礼割合に関しては、社会通念に照らし良識の範囲内とし、返礼品として3割を超える返礼割合のものを送付している地方団体においては、速やかに3割以下にすること。当該地方団体の住民に対し返礼品を送付しないようにすること。この3つが改善点として求められたポイントでした。当市として一旦、6月議会の一般質問で、返礼品割合の3割以下の見直しと、市民への返礼品の送付について時期を来年2月からの見直し、高額返礼品については当初の返礼品について、組み合わせによる返礼品や当市で製造生産された、市をPRするための素材であるということから見直しをする予定はないと回答していましたが、6月下旬に総務省から電話で再度見直し要請をいただき、改めて庁内で確認をしてこのように対応することとしました。電話でお話しいただいたのは、それぞれの自治体がこのまま放置していると、ふるさと納税の制度の存続にも関わる事態が予想されるということで、総務省からの通知による対応のお願いがありました。返礼品の割合については9月1日から3割以下に見直します。今年度については寄附区分の変更ではなく、返礼品の特典を変更するわけでは無く、特典としていただいている金額に見合うように寄附額を見直して3割以下になるように調整をさせていただきます。北上市民に対する返礼品の商品については同じく9月1日に見直しを行っていきます。それから高額の返礼品について、来年度以降見直しをしていこうと思います。

 

北上市総合防災訓練について (説明:消防防災部消防防災課)

 北上市総合防災訓練は毎年9月初めの防災週間に実施しています。日時は9月2日(土曜日)午前7時から正午までです。場所及び内容は、第1ステージとして和賀地区交流センターで、水害・土砂災害を想定した避難行動訓練をします。内容は地区住民の方々が和賀地区交流センターの避難所へ避難し、受け入れなどの訓練をします。情報伝達訓練として午前7時45分頃に市内の携帯電話・スマートフォンに緊急連絡メール、北上ケーブルテレビのL字放送が発信されます。地元の第12分団消防団が消防団車両で巡回広報をします。今回は湯田ダムの下流であることからサイレンやスピーカーで放流する旨を訓練します。第2ステージはふるさと体験館で参加体験型訓練をします。今回新たに取り組むのはペット同行避難訓練、ペットに関する防災グッズ展示です。これは、岩手県中部保健所の指導を受け、避難所にペットを連れてきた場合の訓練や必要なもの等を展示しています。防災ヘリ救出訓練について、春の消防演習や冬の防御訓練で防災ヘリを活用した訓練を行っていますが、総合防災訓練では初めての取り組みになります。カスリン・アイオン台風70周年パネル展示について、国土交通省東北地方整備局岩手河川国道事務所の協力を得て、当時の北上川の水害の状況の写真20枚を大きなパネルで展示します。湯田ダムからの情報提供について、湯田ダム管理支所の職員からダムの仕組みなどをお伝えします。今回、参加体験型訓練を多くの子どもたちに体験していただきたい目的でスタンプラリーをします。5つ体験した子どもには災害用備蓄食料セットをプレゼントします。地域住民の方々と防災関係機関が協力し、防災意識を高めていることをぜひ取材し報道していただければと思います。

 

質疑などその他

 /ふるさと北上応援寄付関係ですが、高額返礼品について来年度から見直しですが、額としてはどれくらいが高額にあてはまるのか。
→総務省からの内容では返礼品の金額として10万円を超える額が高額ということです。

/鬼剣舞の公演が最高額だと思いますが、10万円を超える特典の返礼品は他にどのくらいあるのか。
→総務省から直接指摘された返礼品は7つありました。それ以外にも鬼剣舞の公演やひょっとこ太郎さんの公演など、価格帯で超えているのは9つです。

/指摘された7つの中には具体的に何があるのか。
→アルミ製の折り畳みリヤカー、カシミヤの詰め合わせセット、温泉の宿泊、除雪機などです。

/地場の産品か。
→そうです。

/来年度からこれが返礼品からなくなるのか。
→この件について事業所には、総務省からの見解と次年度から10万円を超える商品について見直しになることを伝えます。商品造成をするのはこれからですので最終チェックをさせていただきます。

/返礼品の最高額はいくらか。
→200万円の寄附で鬼剣舞の公演です。

/実際経費は10万円以上かかるのか。
→そうです。団体で行動しますので、旅費等を含めれば80万円を超えます。

/北上市民への返礼品は今まで何を送っていたのか。
→北上市民も、通常ふるさと納税でカタログに載せている物はどれでもご利用いただけました。

/住民が市にふるさと納税をしても返礼品が貰えないということか。
→そうです。9月以降はお渡しできなくなります。

/直近のふるさと納税額は。
→6月末時点で9,488件、金額で1億1,755万3千円。

/28年度実績は。
→28年度最終は、4万7,031件、金額は7億2,341万円。

/7億というのは県内の自治体でトップですか。
→そうです。

/今年6月末で1億7千万円というのはペースとしてどうか。
→昨年同期の28年度6月末で、8,042件、金額で9,809万円でしたので少しペースは上がっています。

/納税額によると思うが、これまで一番返礼品として出されたのが多かった物は何か。
→季節で定期的にお届けする野菜セット、三菱製紙のトイレットペーパー・ティッシュ、UTOさんのカシミヤが品目では多いが、金額で多いのは1万円以上2万円未満という寄附。28年度では33%で中心の価格帯かと思います。

/これまで1万~2万未満でも4割程度の物は返礼品として用意されていたわけですが、今度それが3割程度のものになると、ふるさと納税の納税にブレーキがかかってしまうのではないですか。
→その懸念はないとは言えません。今回の場合は総務省の通知対応で、商品の中身を変えずに寄附額を上げるという形です。来年度は、1万円でも従来のように3割になるよう事業所の方でも商品構成を考えていかなければいけないという声はいただいています。

/事業所への説明は個別に行っているのか。
→観光コンベンション協会に事業委託していますので、7月末にきたかみチョイスが事業者へ説明し、おおよそ内容を理解していただいて次年度に向けた検討を始めていただきました。

/市としては、今回の措置によって、今年度末にどのくらいのふるさと納税額になると見込んでいるか。
→数字で申し上げますと、市内の方の寄附額が昨年だと0.68%、市内の方の返礼品を取りやめにするので、この分は減少すると思います。高額返礼品の取りやめは年度内の変化はないと思っていますが、返礼割合を3割に抑えたことによってふるさと納税額が10%削減の可能性があるかなと思います。

/先ほどの説明で、議会での説明の後、6月下旬に改めて要請があったというのは、総務省から指示があったということですか。
→はい。議会にお答えする際は、時期について来年の2月に見直しの対応をしたいという考えの趣旨を伝えました。その内容を総務省に正式に回答として提出した後に、北上市の担当者に電話で「税制改正をにらみ、制度の存続のために再度早めの見直しをできませんか」と要請をいただいたので、再度協議をして、前倒しで取り組むことにしました。

/これに伴い市長コメントをいただきたい。これを実施することによってふるさと納税額が10%程度減ることになるが、市としては今回のことをどう受け止めているのか。
→返礼品等に協力していいただいている事業者さんにとっては、後出しジャンケンで制限を加えられるというような感じで後味が良くないと思います。全体として、このようなルールは最初から決めておくべきだったのではと思います。

/3割という数字について、どうお考えですか。
→だいたい半返しというのが一般的なのだろうという思いの中で、3割だと事務経費等を含めた半返しにちょうどなるということですので、いいラインではないかと思っています。 

/4割だと半返しより多くなるのか。
→6割返しになります。

/北上市から他の自治体に出ているふるさと納税額というのは、年間でどのくらいか。
→当市から他の自治体へ寄附した金額は、平成28年か1月から12月までで6,475万円、人数は567人です。

/今用意しているアイテム数と関連している事業所数は。
→現時点で承認している事業者は68事業者、商品の構成は364商品です。

/他の自治体への寄附はそのまま税の減収になるのですか。
→税額控除なので、2,000円以外は減収になります。

/事業者に説明した際の反応は。
→北上市はふるさとチョイスというポータルサイトが全国の窓口を使っていますので、考え方も周知されており、異論等があったわけでもなく基本的にはご理解いただけたと思います。寄附金の額を上げる形で3割に抑えましたので、寄附金額が高くなります。

/高額とはいえ、北上独自の返礼品が次年度の商品ラインから出せなくなるということですね。10%減というのは、北上市の見解ですか。
→正式に確認したわけではありませんが、今年は3%の見直しの減と市内の方の寄附の減を見て、最低でもそのくらいは見込まなければならないと思っています。次年度以降は高額の分が対象にならなくなるので、もう少し精査していかなければならないと思います。他の自治体も見直しをしますと周知した後に、どっと駆け込まれる例があるので、どこまで見なければならないのかわかりません。

/自治体によっては、それは違うという意見もあると思いますが、北上市としてはどうか。
→そもそも返礼品の4割で実際には6割をお返ししているということがこれでいいのかという思いがありましたので内容については納得しています。ただ、年の途中でという後味の悪さは残ります。

/寄附額の減少もさることながら、PRという部分で影響が懸念されますが。
→枠あるいは都市プロモーションの一環としてやっているものについては、少々の額の変動はあると思いますが、大枠は変わらないと思っています。地場産品の掘り起しは引き続き行っていくので、事業所が新たな商品を作るということに繋がってもらえればと思います。ふるさとチョイスでは、ふるさと納税そのものを振興していくという観点もありますが、取り組んでいる事業者に光を当てるという取り組みを今年から開始しています。8月5日午後0時30分からさくらホールでふるさと納税事業者アワード岩手県版を行います。

/2月からの見直しを9月からと前倒しになるのですが、事務的には大丈夫なのか。
→当初2月としていたのは、ふるさと納税全体を通して年末の12月が最盛期で寄附をお受けする時期になります。1月1日ですと現実的に切り替えが出来ないので、そこを超えた2月1日とさせていただこうとしたものです。そうしますとカタログ等の切り替えが輻輳せずに、経費的にも手間がかからず、事業者にも迷惑がかからないということです。9月にしたのは、8月・9月とイベントが続くのでそのためのカタログを2度手間にならないよう、最短で支障のない9月のタイミングを選択させていただきました。

/9月1日からは現在の返礼品が3割以下になるように寄附区分を変えるということですが、来年度からは寄附区分はどうなるのか。そのままでいくのか。
→来年度の商品造成と金額区分はこれからです。9月1日に変わるのは3割になるように寄附金額を5千円から7千円に、1万円を1万2千円にといった変更になります。

/来年度については、まだという事ですか。

→事業者にご提案いただきながら調整していきます。

/グルージャのホームのことですが、今年は1戦を行うということですが、来年以降の見通しや市としてバックアップの考えや方針がありましたら教えてください。

→ホームタウンの依頼があった時は、年1試合はやりたいという申し出があった。グルージャは岩手全体をホームタウンにしたいという意向があるようです。次は釜石市といったようにどんどん増やしていきたいようです。岩手のJリーグの火を消さないという趣旨のようですので協力していきたいと思います。

/例えばJリーグの下部組織でユースがありますが、グルージャも北上市でそれに近いものを開いていく意向はありますか。

→例えばプロスポーツ選手のクリニック教室、市のサッカー協会ともタイアップをはかり、定例会ができるように市でバックアップをしていきたいと思います。ホームゲームですが、岩手でのゲームが年間15試合程度あるそうです。セカンドになると2割程度が見込まれ、最大で3試合の開催が見込めます。ただ、今年度決まっているのは1試合です。北上市でプロ競技が観られる機会は、北上市も優位性を取れる事業になってくると思いますので、ぜひ1試合だけではなく、2試合3試合と開催できるよう施設環境の部分も財政との兼ね合いもありますが、応えられるよう検討していきたいと思います。 

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日