定例記者会見・令和3年2月

令和3年2月2日(火曜日)の定例記者会見

とき:午前11時~11時35分

ところ:市役所本庁舎2階庁議室

  1. 令和2年度北上市芸術文化功労等受賞者及び体育功労等受賞者の決定 (説明:まちづくり部生涯学習文化課長、スポーツ推進課長)
  2. 展勝地開園100周年記念曲の完成及び初回演奏(説明:都市整備部都市計画課長)
  3. 新型コロナウイルスワクチン接種プロジェクト・チームの設置(説明:企画部政策企画課長)

市長から

  • 令和2年度北上市芸術文化功労等受賞者及び体育功労等受賞者について、芸術文化功労等受賞者に4名、体育功労等受賞者に2名をそれぞれ決定した。表彰式は2月19日14時からさくらホールで開催する。
  • 展勝地開園100周年記念曲がこの度完成した。タイトルは「ゆめみぐさまもりて」。ゆめみぐさとは桜の別称で、北上市にゆかるのある作曲家、八木澤教司(さとし)さんの作曲によるもの。7分半ほどの曲となっている。初演奏は、3月21日の岩手県吹奏楽連盟北上支部「春の演奏会」での演奏を予定している。
  • 新型コロナウイルスワクチン接種プロジェクト・チームの設置について、先般の市議会全員協議会でお示ししたとおり、2月1日付けで設置し、本日から業務開始となる。しっかりと対応していきたい。

令和2年度北上市芸術文化功労等受賞者及び体育功労等受賞者の決定

展勝地開園100周年記念曲の完成及び初回演奏

質疑

 展勝地開園100周年記念曲の完成及び初回演奏

Q(岩手日報)

 記念曲はどのような曲風か。

A(都市整備部長)

 先日、黒沢尻北高校の吹奏楽部が練習で演奏したものを聞いたが、元気で明るく未来を感じさせる曲だった。

  

Q(朝日新聞)

八木澤氏に依頼した経緯は?

A(都市整備部長)

北上市で生まれ幼少期を過ごした方であり、平成28年度の岩手国体の曲も作曲されている。地元の吹奏楽団と交流もあることから依頼した。

新型コロナウイルスワクチン接種プロジェクト・チームの設置

質疑

  新型コロナウイルスワクチン接種プロジェクト・チームの設置

Q(岩手日報)

  担当する職員の元の課への人員補填はあるのか。 

A(政策企画課長)

  補填はない。健康増進課長補佐の業務については、他部署からの職員が異動して担当するが、異動元への補填もない。年度の残り2カ月の期間を考慮したもの。

(市長) 

 この2カ月間は計画を立てて準備する期間となる。4月から本格的に高齢者の接種から始まることから、その際は他部署からの応援もありうる。

 

Q(岩手日報)

 本格的な接種となった場合、規模はどれぐらいになるのか。

A(市長)

 いつどのぐらいワクチンが入るか、まだわからないのでこれからとなる。

 

Q(岩手日報)

 今後のスケジュールは?

A(健康増進課長) 

 岩手県では医療従事者の接種を3月からとしているので、市町村はそれ以降の4月から高齢者の接種を目指している。

 

Q(朝日新聞)

 接種会場はどのような体制になるか、現時点での計画は?

A(健康増進課長)

 北上医師会から専門的な意見をいただき、開始時点では集団接種を想定している。今後も

連絡を取り合ってまとめていく。高齢者への通知は4月の接種に間に合うように準備を進めたい。 

 

Q(テレビ岩手)

  集団接種となると、体育館のような場所になると思うが他団体との調整は?

A(健康増進課長)

 体育館になるかまだ決まっていない。接種対象者の人数や、密になる環境を避けることなど今後研究していく。

(スポーツ推進課長)

   新年度の大きな大会等は調整中である。

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2021年02月04日