定例記者会見・令和3年4月

令和3年4月6日(火曜日)の定例記者会見

とき:午前11時~11時50分

ところ:市役所本庁舎2階庁議室

  1. 企業版ふるさと納税の募集
  2. 北上市権利擁護支援センターの設置
  3. 令和3年度北上展勝地さくらまつりの開催
  4. 北上市新事業創出支援事業補助金の募集
  5. 第9回北上市景観賞の募集

市長から

  • 昨年度に引き続き、今年度もよろしくお願いします。

  • 今年度はトリプルアニバーサリーの年ということで、新型コロナウイルス感染症の対策を万全にしながら実施していきたい。報道各社の皆様には北上市の魅力を全国に発信していただければたいへんありがたい。

  • 企業版ふるさと納税については、展勝地開園100周年にちなみ、桜並木が100歳を過ぎていることから、その延命に北上市にゆかりのある企業や北上市に興味のある企業にお手伝いいただきたいという思いでこの制度を設けた。

  • 北上市権利擁護支援センターについて、4月1日から長寿介護課に設置した。

  • 北上展勝地さくらまつりについて、4月15日(木曜日)の11時から開催式を行い、5月5日(水曜日)までの開催期間となる。コロナ禍にあり、人が集まるようなイベントは中止としたが、並木や陣ケ丘から眺める桜など、楽しめる部分がたくさんあるので、それらを中心にさくらまつりを実施していく。

  • 北上市新事業創出支援事業補助金については、4月19日(月曜日)から5月14日(金曜日)までの期間で募集する。対象は中小企業、個人事業者、グループ農業者とし、新しい事業を創出するサポートをしていく事業となる。

  • 第9回北上市景観賞については、昨年度から1年を通して募集するようになっており、今年度も同様となる。特にも近年は集合住宅が目立ってきており、こういった関係の方々が応募していただければありがたい。北上市内の景観がどんどん変わってきている印象を抱いているので、期待している。

     

企業版ふるさと納税の募集(説明:企画部政策企画課長、都市整備部都市計画課長)

質疑

企業版ふるさと納税の募集

Q(岩手日報)

  桜並木の延命化対策は昨年度から実施しているものか。

A(政策企画課長)

延命化対策はこれまでもエアレーションなど実施してきているが、本格的な土壌改良等の事業を今年度からこの事業により実施していく。延命化対策は令和6年度以降も引き続き実施していくが、ふるさと納税の制度として令和6年度までを募集期間として取り組んでいくもの。

Q(岩手日報)

  老朽化が進んでいる樹木はどのくらいあるか。

A(都市計画課長)

昨年度、弘前市の小林勝樹木医をアドバイザーに樹勢診断してもらったところ、全体として5%程度樹勢が落ちており、著しく不良なものが25本増えている結果となった。

Q(NHK)

  具体的な本数を教えてもらいたい。

A(都市計画課長)

良が29本、やや不良が189本、不良が172本、著しく不良が84本、枯死寸前が6本の合計480本。枯死寸前の6本は冬の間に伐採した。

Q(NHK)

  基本的には土壌改良はどのようなものになるか。

A(都市計画課長)

これまではエアレーションといって、根の周りに穴をあけてエアコンプレッサーで空気を入れるということをやってきたが、今後は根の周りの土を取り払って、栄養度の高い土を入れなおすということを1本ずつやっていく。年間80本程度で、6年かけてやっていく予定。

北上市権利擁護支援センターの設置(説明:福祉部長寿介護課長)

令和3年度北上展勝地さくらまつりの開催(説明:商工部商業観光課長)

質疑

令和3年度北上展勝地さくらまつりの開催

Q(岩手日報)

  コロナ禍において盛岡市のようにさくらまつりを中止と決めたところもあるが、その中で開催するということで、どのような考えでいるか。

A(市長)

宴会型のものは中止せざるを得ないが、北上市の場合は広い場所を歩いて眺めることが可能。昨年度は駐車場も閉鎖して、さくらまつりも中止としたが、今年度は整然と見ていただく分には問題ないと判断し、開催することとした。

Q(NHK)

  市民や県民など色々な所から来客があると思うが、どのように楽しんでもらいたいと考えているか。

A(市長)

広い公園なので、動いて見てもらいたい。桜並木を通って陣ケ丘やもう少し奥にある国見山廃寺などがあるので、行ける方はそういったところまで御覧いただいて展勝地の全体像をつかんでもらえればありがたい。

Q(NHK)

  来場者にはどういったところに注意してもらいたいか。

A(市長)

距離を十分とってもらうことが一番重要なので、注意をしていきたい。お酒は厳禁。お酒が入ってしまうと気が緩んでしまうのでやめていただきたい。

Q(NHK)

  100周年ということで、どのようなところを知ってほしいか。

A(市長)

できれば上から公園全体を俯瞰していただければ、展勝地のイメージが湧くと思う。展勝地は北上川を渡って、立花地区のサトザクラ、桜並木、表千本、裏千本、奥千本と奥まで桜で彩られている。その全体像と高いところから見る北上川、和賀川、奥羽の山々という景勝を見てもらえればと思う。

Q(岩手日報)

  トリプルアニバーサリーのスタートになるが、全体の中でさくらまつりの位置付けは重要な意義があると思うがどのように考えているか。

A(市長)

全国さくらシンポジウムが期間中の4月22日に開催される。これは人数限定となるが、展勝地が作られた経緯や守ってきた人々の思い、関係の皆様方が100年後の展勝地がどうあればいいかを考える機会となる。ウェブで参加する方もいるが、様々な形で参加いただいて、将来の計画に活かしていただければと思う。

Q(めんこいテレビ)

  昨日、盛岡でコロナウイルスの変異株が確認され、感染力が強いという話も伝わっている。現時点では入場制限は人数の上限設定など考えていないものか。

A(商業観光課長)

展勝地公園に入る人数の上限は設定していない。

Q(めんこいテレビ)

シャトルバスの三密回避とか空気の入れ替えとか、十分配慮してということになると思うが、何か具体的な策はあるか。

A(商業観光課長)

乗る前の検温や消毒はもちろんやっていただくが、バス協会のガイドラインを遵守して運行したいと考えている。

Q(IBC)

さくらまつりの入込客数は例年どの程度か。

A(商業観光課長)

平成31年度は44万人、30年度は43万3千人で、近年は40万人台となっている。

Q(NHK)

さくらまつりはどういったタイミングで中止や制限を行うのか。駐車場やシャトルバスの制限はどうか。

A(商業観光課長)

県や市から時短要請などが出された場合は対応していく。駐車場やシャトルバスも状況に応じて、例えば県境をまたいでの移動などの制限が出れば対応を検討していくことになるが、現時点ではそこまで考えていない。

Q(河北新報)

隣の宮城県ではまん延防止等重点措置が出ているが、そういう地域からの来場について市のほうから呼びかけをするか。

A(副市長)

岩手県知事がすでに往来自粛を呼び掛けている。当市としてもその通り。

Q(河北新報)

まつりの主催者として改めてメッセージを出すことはないか。

A(市長)

  改めて出すことはない。

Q(テレビ岩手)

感染状況による開催内容変更のタイミングは、まん延防止等重点措置が検討された段階となるか、その前になるか。

A(市長)

  まん延防止等重点措置の検討という時点になれば、もうその前に中止せざるを得ない。その他に検討するとすれば、我々が設定した注意喚起が守られない状況が見られた場合。そういった場合は、残念ながら閉鎖するということも考えられる。

Q(岩手日日)

桜の開花スピードが早く、15日開催だとその前に見ごろが来てしまう心配はないか。

A(市長)

ちょうど見ごろが15日くらいになるのではないかと考えている。この1週間くらいが冷えるので、少しは長持ちしてくれるのではと期待している。

Q(岩手日日)

15日前にどっと人出があるのではないか。駐車場とか交通規制とか前倒しで何か対策を考えているか。

A(市長)

ここまで来れば前倒しは難しい。

 (商業観光課長)

案内所でのパンフレット配布等は開花状況に合わせて対応する。駐車場の料金徴収や、交通規制については手続きの関係上前倒しはできないので、予定通りの実施となる。

Q(岩手日日)

渡し舟の運航がないと、車の渋滞が発生しないか。

A(市長)

見ごろの時期と土日が重なるときには心配があるが、今回は桜の開花が早いので少し分散されるのではないかと思っている。

北上市新事業創出支援事業補助金の募集(説明:商工部産業雇用支援課長)

第9回北上市景観賞を募集(説明:都市整備部都市計画課長)

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2021年04月15日