臨時記者会見・平成29年3月

平成29年3月16日(木曜日)の臨時記者会見

とき:午後2時30分~2時50分

ところ:市役所本庁舎2階庁議室

1 定期人事異動について (説明:企画部総務課)

 

市長から

 4月1日に行われる人事異動、本日内示を行いましたので発表させていただきます。

 まず概要ですが、異動規模については職員数622人中218人、平成28年度が146人の異動だったので少し増え、割合としては35%です。職員数も国体終了と日本現代詩歌文学館への派遣終了でその分19人減の622人となります。

 3の異動ポイントの(1)にあります「北上市版総合戦略」の本格的な推進の部分が大きく、担当部署を変更しています。1.の結婚・出産・子育ての希望を叶える環境作りというところでは子育て支援課に1人増とし、保育係を育児支援係に変更しています。また、健康増進課の職員を2人増員して医療連携係を新設します。2.暮らしを支える地域公共交通体系の構築では、28年度と変わらず、公共交通政策室に専任2人継続配置します。3.地域産業の振興については工業振興課の課名を変更し産業雇用支援課に変更し、産業連携係を新設しました。また、商業観光課に観光国際係を設置してインバウンド需要の取り込みなど国際化に対応した観光まちづくりを進めようとしています。さらに、コンベンション機能の強化ということで、北上観光コンベンション協会に課長級職員1人を派遣することにしました。4.シティプロモーションの推進として、都市プロモーション課を新設します。男女の職員比率についてですが、私が就任した平成23年度は係長級以上180人強のうち女性は10.5%でしたが、来年度は49人で26.2%が女性ということになります。詳しくは担当から説明します。

 

定期人事異動について (説明:企画部総務課)

 市長が説明した部分に加えさせていただきます。人事異動の概要について退職は34人です。新規採用は全員で15人ですが、そのほかに任期付職員のうち7人が正職員になりましたし、任期付職員が任期満了になりましたが再度任期付の職員の試験を受けていただき4人が再度任期付の職員となりました。

 異動の内訳ですが、部長級が6人、課長級が12人、補佐級が26人、係長37人、上席主任6人などとなっていて、合計218人です。異動のポイントについては、部長級職員の平均年齢は56.8歳です。多様な人材の確保ということで、今年度上級職員の採用にあたり民間企業経験者等ということで5人を採用しています。また、専門性を考慮した人事配置ということで、土木技師1人、建築技師1人、保健師2人、保育士2人を採用しています。機動的な人事配置ということで、後期高齢者医療広域連合に引き続き1人を派遣、岩手大学地域連携推進機構へ1人派遣予定、岩手県警から派遣職員として1人派遣いただきます。沿岸被災地の復興支援ということで、来年度も大船渡市、釜石市、大槌町へ各2人を派遣し計6人の派遣を継続します。

 職員の主な増減については、資料をご覧ください。以上です。

 

質疑などその他

/広聴広報課は都市プロモーション課に入るということか。
→広聴広報課は廃止し、都市プロモーション課を新設します。
要望等を受けていた広聴係は政策企画課の政策マーケティング係に入ります。都市プロモーション課は政策企画課にあった都市ブランド戦略係、広報コミュニケーション係に、情報システム係の3係の構成となります。

/消防防災部長が併任とはどういうことか?
→現在も北上地区消防組合の消防長が消防防災部長を兼任しており、29年度も北上地区消防組合の新しい消防長が消防防災部長を兼任します。

/組織が違っても併任しているということか。
→そうです。

/都市プロモーション課についてだが、広聴広報課が政策企画課に移るということか。
→広聴広報課は広聴係と広報係の2係に分かれていて、広聴係が政策企画課に、広報係が都市プロモーション課に入るかたちです。

/多様な人材の確保ということだが、民間企業からの採用は何年も前から実施していたのか、また、今回採用された人は今までどういった分野でどのような仕事をしていたのか。
→社会人枠(中途採用枠)は民間等での経験を生かしていきたいという趣旨があり29年4月1日採用から初めて採用した採用枠です。5人採用したうち、市の任期付職員だった人が4人です。任期付職員自体も民間企業等で3年以上の経験がある人を採用しています。

なお、残り1人は前職も公務員だった人です。

/女性職員の係長職以上への登用だが、23年度からかなり増えていると感じるが、市長としては30%に持っていきたいという考えはあるか。
→具体的な数値目標はないですが、少なすぎるのは良くないと考えています。近年は新採用職員も女性が増えているので、自ずと係長クラスの職員も増えてくるものと思います。

/異動規模について、25.4%ということだが、名目異動者を除き前年並みということか。
→28年度は146人の異動で、これでも少し多めです。

/大規模な異動ではないということか。
→そうです。

/課長級の名簿で総務課付となっている職員がいるが肩書きとしては課長ということになるのか?
→他団体へ派遣する予定のため、詳細は改めて発表します。

/被災地派遣について、派遣先は変わらないということか。また、しばらく続くということか。
→そうです。

/今回の異動について市長の所感を聞かせていただきたい。
→総合戦略の推進に焦点を当てた異動となります。

/予算にもあるように結婚・出産・子育て等の希望を叶える、また都市プロモーションの推進となっているがそれを意識した人事ということか。
→そうです。

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日