(63)「スマート」ですか?

 新しい年度が始まり、仕事始めの辞令交付式において「スマートワーク宣言」を行った。「スマート/smart」とは「賢い」という意味の英語であり、賢く働く、いわゆる働き方改革に全庁で取り組もうとするものである。私を含め、部課長級以上全員が宣言書に署名した。月曜日の午後8時に消灯する「ライトダウン運動」、第2月曜日の「ノー残業デー」のほか、お客さまに爽やかに接するためのあいさつ運動など、すぐに取り組めることから手掛けている。加えて「イクボス」として男女を問わず育児休業や有給休暇の取得を推奨する。

 市民サービスを低下させずにこれを実現するためには業務の生産性向上を図らなければならない。実は、昨年度に行った行政マネジメントシステムの内部監査の結果、慣例で続けている業務には多くの無駄がありそうで、それらの検証で業務時間を短縮したいと考えている。職員には作り出した時間を子育てや地域活動、市民活動などに振り向け、豊かなライフスタイルを創造してもらいたい。

 この「スマート」について、皆さんは「スリム/slim」に近いイメージをお持ちかも知れないがそうではない。本来「賢い」と言う意味で、既に「あじさい型スマートコミュニティ構想モデル事業」に使用している。これはエネルギーを地域で賢く作り、賢く使う仕組みであり、持続可能な地域エネルギーシステムを構築しようとするものである。都市政策でも「スマートシティ」という名称で都市の成長を賢くコントロールする政策などに使われており、当市のあじさい都市もスマートシティの一種と言える。

 「あなた、とってもスマートですね!」と言われ、もしあなたがポッチャリ体型だったとしても、これは決して嫌味ではないので悪しからず。

 北上市長 髙橋 敏彦

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日