(67)「NPO」と「PFI」

 アルファベット3文字から成るNPOとPFI、一見無関係に見えるが、いずれも20年ほど前からまちづくりにおいて伝家の宝刀のように使われ始め、その反動でアレルギー反応を起こす人も現れたという大きな共通点がある。

 NPOはいわゆる非営利組織であり、1995年の阪神淡路大震災の救援活動で注目され、1998年の法制定によって広く認知され始めた。当時はまちづくりにおける市民セクターへの期待から、行政はこぞってNPOを利用し始め、一方でさまざまな問題も発生した。人々はNPOを何か特別な存在として認識し、過度な期待を寄せた。その後の不心得なNPOの不祥事は、その期待を大きく裏切り、真剣にNPO活動に取り組んでいる人々を苦しめた。

 一方、PFIは2001年の法制定を契機に民間資金等の活用による公共施設等の整備等のしくみとして、特に財政難の自治体によって老朽化するインフラ更新のために使われた。導入初期は技術的に未成熟だったため、事業を受託したSPC(特別目的会社)の破綻事例も出ている。その苦い経験を生かしていわゆるPFI法は何度か改正され、導入技術も進化し続けている。

 NPOとPFIはどちらも民力を生かすための単なる道具でしかなく、それ自体には良いも悪いも無い。問題はどうしくみを使いこなすのかである。東日本大震災では当市を拠点に多くのNPOが行政とも連携して被災地を支援し、日常では当事者に一番近いところで市民生活を支えている。夏油高原スキー場や展勝地レストハウスはPFI的手法で成果を出している。

 法制定からもうすぐ20年。ようやく社会に定着し始めた感はあるが、民力をまちづくりに生かすしくみとしてどう上手く活用していくのか、高いスキルが求められている。

 北上市長 髙橋 敏彦

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日