(69)手づくり地蔵人形

  東日本大震災の復興状況視察のため、釜石市を訪問された市民からお手紙をいただいた。それは北上市民にとってとても誇らしく、その一部を紹介させて頂きたい。

 前文略…大只越町の高台にある仙寿院のご住職からは、避難所となった当時の状況を説明して頂くとともに大変貴重なお話をお聞きすることが出来ました。震災直後から遺骨が次々に運び込まれる、ある日、北上市のある匿名の方から400個の手作り地蔵人形が供養のために送られてきたというのです。津波で亡くなられた方の多くは、身体全体の骨が揃っていないため、ご住職は身元判明のご家族には、骨と一緒にその人形を添えてお渡ししてきたそうです。…未だ奥さまの行方が解らず、半年間、毎月毎月、月命日に仙寿院に探しに来られ、決まって「誰のでもいいから身元不明の骨を私にくれないか」と懇願するご近所のご主人に対し、「それは出来ない事」とつらい返事を繰り返すしかなかった住職が、ご本人の代わりにとその人形を手渡すと喜んでそのご主人は大事そうに抱えて帰られたという話は涙を誘いました。ご住職は地蔵人形の送り主に御礼をしたく色々調べてはみたものの、現在も送り主は解らないとの事です…後文略。

 匿名で400体もの手作り地蔵人形を寄贈された北上市民がいた事、その人形が奥さまを亡くされた被災者の心を癒してくれた事に感動と誇りを強く感じる内容であった。あの震災からもうすぐ7年。昨年は復興国体が開催され、2019年にはラグビーワールドカップが釜石市で開催される。華やかな一面、まだまだ復興に乗り切れない人々もいる事を心に留めながら、これからもずっと応援し続けたいものである。素晴らしいお手紙をくださった市民に心から御礼申しあげたい。

 北上市長 髙橋 敏彦

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日