(74)車を捨てて桜を楽しもう

 どこかで聞いたことのあるようなタイトルかもしれない。あと数週間で北上展勝地さくらまつりだ。

 例年、土・日・祝日になると展勝地への道路はいずれも大渋滞で、長い時には3時間も待たされる。近年は樹齢100年にもなる桜並木を一目見ようと海外からもバスツアーで来られる人たちが多く、せっかく遠方から来られたのに申し訳ない思いだ。

 そこで今年はモビリティ・マネジメントを試みることとした。モビリティ・マネジメントとは、自家用車をある程度コントロールして、公共交通、緊急車両などを優先的に目的地に誘導しようとするものだ。具体的には、4月のまつり期間中の土・日・祝日、珊瑚橋の通行を規制し、街中から多くのシャトルバスを運行するという計画である。シャトルバスの利用料金は一人一日500円。また、展勝地駐車場を利用される場合は、この事業の協力金として一台一日1000円ご負担いただく。このことは、時間と費用をお互いに少しずつ負担しながら、一人でも多くの皆さんができるだけ長く、そして広く展勝地を楽しめるよう考えたものである。どうかご理解いただき、皆さんなりの工夫でお花見を企画し、楽しんでいただければ幸いである。

 2021年は展勝地開園100周年であり、現在、市立公園展勝地や陣ヶ丘、みちのく民俗村の環境整備を進めている。市立博物館は一昨年の希望郷いわて国体の開催に合わせてリニューアルし、当市の最も重要な宝である国見山廃寺に係る展示を強化している。大正10年に描かれた和賀展勝地計画には、ここを日本一の景勝地にしようとした、100年前の先人の思いが込められている。その思いに、多くの人々に触れていただければ幸いである。

 北上市長 髙橋 敏彦

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日