(83)虹色に染まる浅草

 11月17日土曜日、浅草は前日までの雨天予報に反して時折日が差す穏やかな日となった。イベント関係者は皆胸をなで下ろし、虹色の会初めての東京遠征を成功させようと意気込んでいた。「虹色フェスタin東京・浅草」である。これは東京五輪を記念して、岩崎地区青年会虹色の会“絆”が一年以上も前から準備していた地域おこしイベントであり、地域を始め、市や北上ふるさと会なども巻き込んで壮大な企画になっていた。
 当日は浅草にある「まるごとにっぽん」の屋外会場で、岩崎鬼剣舞や東京五輪音頭などの披露の他、餅まきや市の物産販売など、ふるさとのPRを盛大に行った。午前10時からの5時間で約8千人の来場者があり、その後に行われた関係者の打ち上げ会は大いに盛り上がったという。
 今から10年前、旧岩崎小学校、煤孫小学校、岩崎新田小学校が統合して現在のいわさき小学校が生まれた。学校の統合は一筋縄では進まない。当時なかなか統合に賛成できない学校区や建設地など、さまざまな考えや意見がある状況だったことは容易に想像できる。PTAや地域では話し合いに話し合いを重ねて統合への道をたどったに違いない。岩崎地区には7つの行政区があるが、話し合いを重ねるうちにいつしか7つの行政区の若者が未来を見つめて結束していった。虹色とはまさにこの7つの行政区を示しているのだ。
 今では200人を超える若者が所属する市内最大の青年会虹色の会“絆”は、その活動も全国表彰を受けるほどに力強い。今回の虹色フェスタin東京・浅草の成功はまさにその力を示したものであり、他地区の模範となるであろう。彼らの活躍は北上市の誇りであり、これからの市発展の原動力でもある。さらなる活躍を心から期待したい。

 北上市長 髙橋敏彦

(平成30年12月28日発行広報きたかみ「珈琲ブレイク」より)

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日