(84)躍進する北上っ子

 平成30年市勢10大ニュースでは、東芝メモリ着工がトップに取り上げられ、市民の注目度がうかがわれた。うれしかったのは小中高生の活躍が取り上げられたことだ。黒沢尻工業高校ラグビー部、専修大学北上高校女子サッカー部北上翔南高校鬼剣舞部、上野中学校・北上北中学校吹奏楽部、黒沢尻北小学校の合唱など、枚挙にいとまがない。
 注目すべき児童生徒の躍進は他にもある。黒沢尻北高校では4年前から始めたまちづくり活動「きたかみ世界塾」を経験した生徒たちの学力が飛躍的に伸び、県内トップに並ぶ過去最高の大学進学状況に至ったことである。「きたかみ世界塾」にはメンターとして多くの市職員も協力し、生徒たちが地域を知り、「まち育て」の行動を起こすことによって、地域への誇りを培うとともに、地域の未来を担う心構えと己の役割に目覚めたのである。同時にまちづくりにおける高校生の存在を強く我々に印象付けた。
 中学生の英語力も特筆できる。市は、数年前から「英語でキャンプ」などのイベントの実施や、英語の実践力を身につけるための教員であるALTを増強したほか、英検3級の受験料全額を助成している。他自治体に先んじた制度で、英語力の強化を通して学力全体を押し上げようという戦略である。現在、その効果が顕著に現れており、中学校卒業時における英検3級以上の英語力のある生徒の割合が急増し、全国平均を上回ると共に、県内でもトップクラスになっている。今後、更なる躍進を期待したい。
 まちづくりは人づくりである。歴史は先駆的な人材育成が市の繁栄を支えている事を証明している。元気に頑張る子どもたちがいる限り、市はこれからも繁栄し続けるだろう。これからも市をあげてしっかりと応援していきたい。

 北上市長 髙橋敏彦

(平成31年1月25日発行広報きたかみ「珈琲ブレイク」より)

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日