(96)北上ライフスタイル

 「北上ライフスタイルデザインプロジェクト」をご存知だろうか。これは、エネルギーやゴミ問題など、将来の環境制約にもしっかり対応しながら、北上市らしいすてきなライフスタイルを創造し、発信しようとする当市の事業で、平成26年度から取り組んでいる。これはそれぞれ独自の地域資源を生かしながら発展する「あじさい都市」が生み出すライフスタイルの世界への発信でもある。
 

 これまでいくつかの地区で実験的な取り組みが行われており、口内地区では里山を舞台に木育や自然の中での遊びを創造する、秘密基地づくりにチャレンジ。立花地区では「みちのく民俗村」をフィールドに、田植え、稲刈り、よもぎ採りなど、自然と共に豊かな暮らしを育んできた先人たちの日々の営みを体験した。
 

 そして先般、岩崎地区にある「夏油古民家カフェkobiru」を会場に、地域資源を活用しながら活躍している4人の話を、東京都市大学古川柳蔵教授が聞く、トークイベントを開催した。若者たちで地域のプロモーション活動を展開する岩崎地区青年会虹色の会“絆”会長の小原さん。10万本のひまわりで地域の景観を創り、ひまわり油の製造販売に繋げる農林業者の佐藤さん。kobiruのオーナーシェフであり1級空き家管理士でもある中村さん。瀬美温泉の手前で雑木林を切り開き、人気キャンプ場ベアーベルを創り上げた日角さん(詳細はウェブサイト「きたかみ仕事人図鑑」参照)。いずれも岩崎地区の地域資源を生かして北上らしいすてきなライフスタイルを創造し、発信している。
 

 皆さんのお住まいや職場の近くなどをじっくり見回すと、きっとすてきな地域資源があり、豊かなライフスタイルを創り出している人たちがいるはずである。スターバックスのコーヒーは今では珍しくないが、元はアメリカ・シアトルから発信されたライフスタイルだ。世界を席巻するのは新型コロナウイルスではなく、北上発のすてきなライフスタイルであってほしいものである。

 北上市長 髙橋敏彦

(令和2年3月27日発行広報きたかみ「珈琲ブレイク」より)

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2020年03月27日