(99)前頭葉はお元気?

  先月、ある女子プロレスラーの突然の死がメディアを騒がせた。出演したテレビ番組での表現に過剰に反応した視聴者が、彼女に対してS N Sなどで誹謗中傷の砲火を浴びせ死に追い込んだ、とされているものである。ちょうどその頃、私が読んでいた「人は、なぜ他人を許せないのか」という本の中で、脳科学者で著者の中野信子氏が「みんなのため、という正義原則によって他人にダメージを与えることそのものが快感になる」という仕組みを「正義中毒」と呼んでいたが、この女子プロレスラーもまた正義中毒の犠牲になってしまったのかと、直感的に感じたものだ。


 今、世界中に新型コロナ禍が広がり、人々の心もまた行き場を失ってイライラがピークに達しているかに見える。まるで心の刃がむさぼるようにターゲットを探しているようだ。最近は正義中毒に感染した人々によるSNSなどの投稿がやたらに多く、嫌でも目に飛び込んでくる。新型コロナ禍において政府などが発信する「県外への移動自粛」などの情報に過度に反応し、県外からの誘致企業や県外ナンバーの車をヒステリックに中傷するメッセージには辟易してしまう。そのほとんどは根拠のない情報に受け手の偏見が加わり、過剰に反応しているのだが、ターゲットにされた企業の職員やその家族にとってはやるせない気持ちなのではないだろうか。誘致企業に支えられているといっても過言ではない当市の市民として、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいである。


 中野氏によると、正義中毒は人間の脳の働きによるもので誰にでもあり、それをコントロールしているのが大脳の一部である前頭葉なのだそうだ。高齢になるとその働きが衰え、他人の行動がどうしても許せなくなる傾向があるのだという。正義中毒は冒頭の事件のように、あまり良い結果をもたらすとはいえない。ならば、私たちはこのことを自覚し前頭葉をしっかりと働かせ、正義中毒を抑制するよう考え、行動したいものである。今後、正義中毒と思われる言動に出会ったら、「あなたの前頭葉はお元気ですか?」と問いかけてみるのも良いかもしれない。

 北上市長 髙橋敏彦

(令和2年6月26日発行広報きたかみ「珈琲ブレイク」より)

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2020年06月26日