(110)希望のオリパラ・トリアニ

 東京2020オリンピック聖火リレーが6月18日、当市にやってくる。コースは北上駅から詩歌の森公園と限定的だが、ランナーにとっても観覧者にとってもきっと忘れられない瞬間になるだろう。当日は交通規制があるほか、コロナ禍にあって、マスク着用や距離の確保などしっかり感染防止を行いながら、ぜひ多くの市民の皆さんに観覧していただき、記憶に留めてもらえればと思っている。ランナーは、ボクシング元世界チャンピオンの八重樫東(あきら)氏ほか数名の選ばれたメンバーと、北上市・西和賀町の小学生がサポートランナーを務めることになっている。ゴールの詩歌の森公園では40分間のミニセレブレーション(到着イベント)ではあるが、北上市からは鬼剣舞が、西和賀町からはさわうち太鼓百年座の演舞が披露される予定である。

 一方、昨年から続くコロナ禍で、多くの人々は自粛疲れを起こしている。自粛疲れから人々の脳では正常性バイアスが働き、危機に対する判断を鈍らせているようである。正常性バイアスとは、以前に当コーナーで述べた通り、自分に都合の悪い情報を無視してしまう特性である。しかし、その特性が働かなければ、人間の精神は多くの災難に耐えられないのだそうだ。では、長期化するコロナ禍との戦いにどのように挑めばいいのだろうか。私は「正常性バイアスの存在を常に意識しながら行動する」ことなのだろうと思う。

 今年はコロナ禍の中、当市の重要な節目であるトリプルアニバーサリー関連事業を推進している。4月には展勝地開園100周年のさくらまつりを開催し、多くの皆さんに美しい桜をご覧いただいた。次は第60回を記念する北上・みちのく芸能まつりが開催される。主催関係団体では感染防止対策を徹底しているものの、無事に開催するためには市民の皆さんによる対策へのご協力が必要となる。それは冒頭の聖火リレーでも同様である。正常性バイアスをコントロールしてコロナ禍に立ち向かい、東京2020オリンピック・パラリンピック(オリパラ)そしてトリプルアニバーサリー(トリアニ)を希望の灯にしたいものである。

 北上市長 髙橋敏彦

(令和3年5月28日発行広報きたかみ「珈琲ブレイク」より)

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2021年05月31日