(81)レジェンドランナー?

 今年のいわて北上マラソン大会は残念ながら台風25号の影響で中止になってしまった。エントリーしてくださった2400名の選手たちはもちろん、実行委員会の皆さんも準備が出来ていただけに本当に残念な結果となり、心中お察し申し上げる次第である。さらに今年、岩手県南広域振興局では、圏域のマラソン大会の完走数に応じて表彰する、県南レジェンドランナーズ事業を展開しており、終盤のレースとなるこの大会に掛けていた皆さんも少なからずおられたことだろう。実を言うと私も「レジェンドランナー」を狙っていた一人だった。

 さて、今回の北上マラソンには当市の幹部職員は全員エントリーしていた。大会を盛り上げるとともに、自らも健康への意識を高めていこうということで呼びかけたのだ。彼らは大会中止に内心ホッとしているのかも知れないが、実は大会までの体づくりに本当の意味があり、出走や完走は二の次なのである。これを機会に汗をかく気持ち良さや、健康の大切さを改めて感じてもらえたなら幸いである。

 思えば東日本大震災があった2011年から、中山石垣市長にはこの大会に出場していただいている。中山市長からは「髙橋市長にも石垣島マラソンを走ってもらいたい」と言われ、逃げられなくなってしまったのが私のマラソンライフの始まりである。当時100mを走るのもやっとだった私が、今では少し走れるようになったのだから、中山市長には感謝しなければならないのだろう。石垣市では、多くの市民が石垣島マラソンに参加している。タクシーの運転手のほとんどに参加経験があったことからもそのことがわかる。来年の北上マラソンには、ぜひ、多くの市民にも参加していただきたいものである。岩手の「レジェンドランナー」を目指して。  

 北上市長 髙橋敏彦

(平成30年10月26日発行広報きたかみ「珈琲ブレイク」より)

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日