(23)しらゆり大使の提言

  11月12日、北上しらゆり大使懇談会を東京で開催した。大使には、市の観光や産業などへの提言や、北上市をPRしていただくなど、市勢発展に大いに貢献 していただいている。起業家支援に多額のご寄付をいただいた松井氏や、浮牛城まつりで殿様役を務めたパンチ佐藤氏は皆さんもよくご存じだろう。今回は、来年に開催されるアジアマスターズ陸上競技大会や3年後のいわて国体をチャンスと捉え、観光や国際化政策などに提言をいただいた。

  北上市は、さくらまつりやみちのく芸能まつりなどのイベントでは多くの観光客が訪れるものの、それ以外は観光客が少ないことが大きな課題となっている。この百年の歴史の中で、先人はみちのく三大さくらの名所「展勝地」を育て、鬼剣舞を世界に誇れる民俗芸能に育ててきた。大使からもこのことに誇りを持ってしっかりと発信するべきであり、世界文化遺産平泉に結び付く国見山文化に係る史跡は、広く全国に知らしめるべき、との提言をいただいた。しかし、国見山一帯は、礎石と案内板があるだけで、訪れる観光客が歴史ロマンを感じる空間には残念ながらなっていない。今後、みちのく民俗村を生かして、史跡の一部を復元 するなど、史跡間の長い移動も楽しく、ワクワクするものが必要であろう。大使からは、史跡復元のために早めの基金造成や、史跡間移動に世界的には自転車が 注目されていることなどの意見もいただいた。また、俳句や短歌によって観光資源を紹介するイベントや外国語による詩のコンテストなども有効との提言をいただいた。当市には日本現代詩歌文学館があり、すぐにでも実行できる提言である。

 北上しらゆり大使の提言は、市への応援を伴うものも多く、大変心強く、収穫の多い懇談会であった。

 北上市長 髙橋敏彦

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日