(21)乞うご期待!いわて北上マラソン大会

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定した。その決め手はプレゼンテーションで強く示された「スポーツの力」であったと思う。東日本大震災の後、女子W杯サッカーで魅せた、なでしこジャパンの活躍やロンドンオリンピックの日本人選手の活躍に、被災地が大いに勇気づけられたことはまだ 記憶に新しい。

 北上市でも、ボクシングの八重樫東選手の激闘ぶりは、北上市民のみならず、岩手県民、多くの国民が称賛したところである。その八重樫東選手が、今度はフルマラソンに挑戦する。10月13日(日曜日)に開催を予定している、いわて北上マラソン大会である。当初、スターターにとお願いしたところ、マラソンに参加したいとの申し出があった。主催者としては願ってもないことであり、関係者一同、大いに喜んだ。おかげさまで、今大会は前回を 500人程上回る、過去最大の2,231人のエントリーをいただいた。

  マラソン交流のある沖縄県石垣市の中山市長も、10キロメートルの部に3年連続の参加を予定しており、心から歓迎したい。石垣市からは、市長のほかにも多くの市民が来訪し、岩手県と沖縄県とのかけ橋交流を顕彰する、石碑の建立式典が行われる予定になっている。

  会場の北上総合運動公園では、沖縄の物産や沿岸被災地の物産販売コーナーも設けられる予定であり、まさに「スポーツの力」を感じていただける一日になるだろう。ぜひ、多くの皆さんに会場や沿道にお出でいただき、大会を盛り上げていただければ幸いである。ちなみに今回は、多くの市職員に加え、筆者も、石垣市長と共に?10キロメートルに挑戦するつもりであるが、果たしてどうなることやら。

 いわて北上マラソン大会にぜひ、ご期待ください。

 北上市長 髙橋敏彦

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日