(16)さくら咲く展勝地

 4月と言えば、学校も役所も新しい年度の始まりである。北上市もまちづくり部の新設や農林部と商工部のワンフロア化など、新しい体制で新年度をスタートさせた。いよいよ16地区がそれぞれにいきいきと輝く「あじさい型都市北上」に向かって、着実に歩を進めるべく思いを新たにしている。

 ところで、皆さんが本稿を読んでいるころは、きっと展勝地の桜が満開になっていることと思う。展勝地の桜は、日本さくらの名所百選、そして弘前、角館と共にみちのく三大桜名所に指定されている。北上川から船に乗って眺める桜並木が最も特徴的な楽しみ方と言えるが、実はこの桜並木は広大な展勝地の入り口でしかない。珊瑚橋から北上川沿いに桜並木を南下すると右手に江戸時代の船着き場と米蔵をイメージさせる展勝地レストハウスがある。多くの露店が所狭しと並んでおり、多彩な山海の幸が売られている。空腹を満たした後は、県道を挟んで東側にある陣ケ丘やみちのく民俗村に植えられている珍しい種類の桜をご覧いただきたい。その中には93年前の開園時に植えられた小金井ザクラも多く残っている。また、陣ケ丘からの眺望、さらには男山に登って山頂から眺める桜並木も、雄大な北上川の流れと調和して素晴らしい。また、和賀川に沿って奥羽山脈まで広がる平野に多くの桜が点在するのを眺めるのも良い。正しく展勝地の名前の由来にふさわしい視点場である。

 さらに時間と体力に自信のある人は、国見山方面へのトレッキングがお勧めだ。裏千本、奥千本の桜も良いが、世界文化遺産、平泉中尊寺建立直前まで栄えていた寺院名不詳国見山廃寺の大伽藍跡を探索するのも面白い。

 知れば知るほど奥が深い展勝地、貴方も展勝地「通」になってみてはいかが。

 北上市長 髙橋敏彦

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日