(13)消防出初式より

 1月6日、日曜日。恒例の消防出初式がさくらホールを会場に開催された。我が家から消防の制服制帽で出かけようとすると、帰省していた娘に写真を撮るからと引き止められる。小学校に入学する訳でもあるまいしと思いながらも、嫌とも言えず撮影に応じる。この日は冬型の気圧配置で西風が冷たく、かなりの厚着 で出かける。さくらホールで開催される前は黒沢尻西小学校の校庭で開催されており、かつては厳しい寒さの中の出初式だったようだ。西和賀町では今も屋外での開催だと聞いているが、屋内での開催は本当にありがたいことである。

 式典終了後、整然と並び市役所まで分列行進する消防団員を見て頼もしく思えたのは、恐らく私だけではないだろう。沿道には多くの市民が並び、パレードを眺め声援していた。

  東日本大震災では、沿岸地域の多くの消防団員が津波の犠牲になったことは、まだ記憶に新しい。このことがあって、当市でも消防団員の減少に歯止めがかからないのではないかと心配していた。昨年暮れに若手消防団員と懇談し、彼らの思いを聞く機会があった。その冒頭、団員数が千人の大台を回復したという報告があり、団をあげて勧誘活動をした成果とのことだ。近年、若い人たちの勤務形態も多様化している中で、団の活動をすることの大変さを考えると本当に頭の下がる思いである。彼らの多くは先輩団員の情熱に動かされて入団し、おしなべてみんな地域思いである。懇談会ではこれからの活動に対して前向きな意見が多く出 され、中には有効な改善のアイデアなどもあって本当に意義ある会であった。

 市民の生命と財産を最前線で守ってくれている消防団員に、私たち市民はもっと感謝をしなければならないと強く感じている。

 北上市長 髙橋敏彦

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日